ASKA被告の初公判で弁護側が激しく抵抗した愛人・栩内被告の質問

ざっくり言うと

  • ASKA被告の初公判が28日開かれ、検察は懲役3年を求刑した
  • 検察側が「愛人」栩内被告の名前を出すと、ASKAの弁護士は激しく抵抗
  • 栩内被告との関係を執拗に問いただす検察側にASKAが語気を荒らげる場面も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング