「完璧なピザ」が焼ける公式をマシン・ヴィジョンで探究

写真拡大

ピザに最適なチーズの組み合わせをマシン・ヴィジョンで数量分析し、完璧な凹凸が美しい「黄金に輝くピザ」をつくれる絶対確実な公式を発見するという研究結果が発表された。

「「完璧なピザ」が焼ける公式をマシン・ヴィジョンで探究」の写真・リンク付きの記事はこちら

マシン・ヴィジョンを使用して、焼けたピザのチーズの見た目を評価するという研究論文が、『Journal of Food Science』で発表された。

こうした調査では通常、複数の参加者(パネリスト)で構成される「官能評価パネル」を使用するが、彼らの意見には自然なばらつきがある。また、パネル形式の調査は多大な時間がかかるため、「官能評価パネルから、見た目に関する定量化された数値的記述を抽出すること」は非常に困難なのだという。

ニュージーランドのオークランド大学の食物科学研究者たちが今回の研究で追求したのは、完璧な凹凸が美しい「黄金に輝くピザ」をいつでもつくれるという絶対確実な公式だった。そこで彼らは、定量化された画像分析を使用して、ピザの製造メーカーがこれを使用すれば、購入者にとって最も魅力的な製品をいつでもつくれるという説明書をつくり上げた。

今回の研究に使用されたチーズは、モッツァレラ、チェダー、コルビー、エダム、エメンタール、グリュイエール、プロヴォローネの7種類。

これらのうち、昔ながらのピザ用チーズはモッツァレラだけだ。原理主義者であれば、あるいは「モッツァレラ・ディ・ブーファラ・カンパーナ」以外は食べないかもしれない。これは、イタリアのカンパーニャ州とラツィオ州で育てられた水牛(一部は、野生の湿地帯に生息しているもの)の乳でつくられたモッツァレラだ。

「われわれは、最適な組み合わせを見つけるため、普通はピザに使われないチーズも意識的に探究した」と、オークランド大学のブリオニー・ジェイムズ准教授は説明している。

TAG

FoodMachineVisionPizzaVideoWiredUK