初陣の招集リストに込められたメッセージ――歴代の初選考を週刊SD編集長が振り返る

写真拡大 (全4枚)

 ワールドカップで集大成を迎えた前体制の遺産をいかに引き継ぎ、自らの色を出していくのか。初陣に向けて発表されるメンバーリストには、各指揮官のチーム作りに対する考えが色濃く反映されているように見える。

 日本代表が初めて世界最高峰の舞台を踏んだ直後の98年10月、トルシエ監督が選んだメンバーは全22選手中17名がワールドカップ経験者という顔ぶれだった。もっとも、これは00年のシドニー五輪出場を目指すU-21代表が、98年12月にアジア大会を控えており、兼任監督を務めるトルシエ監督が欧州組の中田英寿以外は22歳以上に限定して招集したためだ。このチームがベースとなり、翌年の夏にコパ・アメリカに参加するも惨敗。シドニー五輪世代(77年から80年生まれの選手)の台頭もあり、その後、世代交代が急速に進められていくことになる。
 
 ベスト16入りを果たした02年日韓ワールドカップ後に発足したジーコ体制は、世論の圧倒的な支持を受けて華々しい船出を飾った。トルシエ流の管理サッカーからの脱却、誰もが胸を躍らせた中田英、中村俊輔、小野伸二、稲本潤一が描く「黄金の中盤」。ジャマイカ戦のリストにA代表初招集の選手はひとりも入らず、日韓大会ですでに幅を利かせていたシドニー五輪世代を中心とした強化は、その後4年間、推し進められていくことになる。
 対照的に、驚きに満ちていたのがドイツ・ワールドカップでの惨敗を受けてスタートしたオシム体制の初陣だ。メンバー発表会見時のリストに記された選手は13名のみ。翌日に追加招集の5選手が発表されるものの、ワールドカップ経験者がわずか4名、A代表初招集が10名というフレッシュな顔ぶれに。就任から約2週間で、これほどの大胆な変化を加えられたのは、オシム監督が03年から千葉を率い、選手の能力を熟知していたからだろう。ただ、これには別の事情もある。初陣となったトリニダード・トバゴ戦の前日にA3(日本、韓国、中国の前年リーグ王者が参加した公式大会)が開催されており、これに出場していたG大阪と千葉(ナビスコカップ王者として推薦枠で出場)の選手を招集できなかったため、わずか18名のリストになったのだ。ちなみに初陣の4日後に、8月16日のイエメン戦に向けて改めて22名のメンバーが発表されたのだが、そこには阿部勇樹や巻誠一郎ら千葉勢が4名と、遠藤保仁、加地亮のG大阪勢2名が入っていた。
 
 4年前のザッケローニ監督は就任決定が遅れたため、9月の親善試合は指揮を執らず、選手選考に時間的な余裕が生まれた。だが、3か月後に結果が求められるアジアカップが迫っていたため、前体制の主力がほぼ維持されることに。このうち12名がブラジルに辿り着いている。
 
文:谷沢直也(週刊サッカーダイジェスト編集長)
 
※週刊サッカーダイジェスト9.9号(8月26日発売号)より

【写真】アギーレ監督が選んだ日本代表23人