「進撃の西武鉄道 スマホスタンプラリー in 秩父」 / (C) 諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会 (C) SEIBU Railway Co.,LTD.

写真拡大

8月6日(水)から11月5日(水)まで開催されている、西武鉄道と大人気アニメ『進撃の巨人』とのタイアップ企画「進撃の西武鉄道 スマホスタンプラリー in 秩父」。

スマートフォンでスタンプを押しながら『進撃の巨人』のキャラクターとともに秩父の名所を巡る本イベント、調査数(スタンプ捺印数)が10,000件を突破したことを記念して、8月29日(金)から31日(日)の3日間、西武秩父駅・仲見世通り内に超大型巨人のオブジェが設置されることがわかった。

オブジェを撮影して劇場版チケットをゲット!


画像は公式Twitterより

画像は公式Twitterより



本イベントは、西武線の駅や秩父エリアの計8ヶ所に掲示されているポスターやパネル内のQRコードをスマートフォンで読み取ることで画面内にスタンプを押していくことが特徴であり、スタンプを集めることで各キャラクターによる限定撮り下ろしボイスを視聴できるほか、オリジナル壁紙を入手することが可能。

西武秩父駅から徒歩1時間程度で完了するコース設定で、気軽に秩父の観光名所を巡ることができるようになっている。

また、今回期間限定で登場するオブジェを撮影し、ハッシュタグ「#秩父に巨人」を付けてTwitterに投稿すると、抽選で10名に11月22日(土)より公開される『劇場版 進撃の巨人』のペアチケットが当たるキャンペーンが行われる。

西武秩父駅改札を出てすぐ左側、このサインが目印だ!(画像は公式Twitterより)

西武秩父駅改札を出てすぐ左側、このサインが目印だ!(画像は公式Twitterより)



そのほか、11月28日(金)より東京・上野の森美術館にて開催予定の「進撃の巨人展」のペアチケットやイベント限定オリジナルポスター、オリジナル文房具セットなど豪華な景品が当たるWチャンスも。

「あの花」とは違う秩父の景色を!


西武鉄道は2013年夏にも秩父エリアにて、アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の舞台のモデルとなったことにちなみ、劇場版アニメとの連動企画としてスタンプラリー「あの花Smile Check-in」を開催した。

今回のスタンプラリーは、昨年のチェックポイント場所と重なることがないように配慮されており、秩父を訪れるアニメファンにとって、「あの花」の聖地と「進撃の西武鉄道」で巡る観光名所、どちらも楽しめるようになっているとのこと。