結婚すると変わっちゃう!? 未婚女子が、既婚女子に金銭感覚のちがいを感じた瞬間

写真拡大

生活環境が変われば、人の考え方も変わるもの。結婚した女友だちと話していて、そのことを痛感した人もけっこう多かったりして……。そこで今回は、未婚女子が既婚女子に対して「金銭感覚がちがう」と感じた経験について、アンケートで聞いてみました。

■自分のために使うお金が減る

・「結婚すると、好きな洋服や趣味に自由にお金を使うことができなくなる」(31歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「既婚女子は家庭のための出費が多くて節約家なので、ユニクロの服でさえあまり買わないこと」(32歳/生保・損保/事務系専門職)

独身なら、自分で稼いだお金は自分のためだけに使えるのが当たり前。でも、結婚後はそういうわけにもいきません。特に子どもが生まれると、自分にかけるお金は激減するようです。

■食事代も節約

・「遊びに行くときとかお茶するとき、『無駄使いできない』と言っていて、大変だなーと思う」(22歳/金融・証券/営業職)

・「食事をするときに、なるべく安いメニューを頼んでいた」(33歳/その他/その他)

・「自由に使えるお金が少なく、『飲み会のお金は高すぎて出席できない』と言われた」(32歳/情報・IT/技術職)

一緒にランチをしに行っても、未婚女子は「おいしそうなもの」を基準に選びますが、既婚女子は「コスパが高いもの」を選ぶ傾向にあります。また、出費の多さを考慮して、既婚女子は外食をするなら夜より昼に行く人が多い、なんて話も。

■逆に、結婚してから金遣いが荒くなる人も!

・「旦那のお金でブランド物をポンと買っているところ」(26歳/学校・教育関連/専門職)

・「旦那の給料がいいからと友人のアウトレットの買い物が万単位ですごくて、自分よりも旦那の稼ぎがいいと金銭感覚が荒くなるもんだなと思った」(25歳/金融・証券/専門職)

・「子どもがいない既婚女子は、自由に使えるお金が多いようで、遊ぶときの予算など、ちょっとしたところで金銭感覚がちがうと思います」(24歳/ソフトウェア/技術職)

一方、玉の輿に乗り、結婚してからのほうがむしろ羽振りがよくなったという女子たちも。何ともうらやましい話ですが、あまりに派手な生活に変わると、これまでの友だちが減ってしまいそうな気も……。

やはり、よっぽど年収の高い旦那さんをゲットしない限り、女子は結婚してからのほうがお金に対してシビアになるようです。将来の暮らしに困らないように、上手な消費を心がけたいものですね。

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年8月にWebアンケート。有効回答数158件(22歳〜34歳の未婚の働く女性)