Instagram発祥!? 「ハッシュタグ複数付け」が流行っているワケ

写真拡大

とくに若者に人気のTwitter。ところで、Twitterの「ハッシュタグ」ってどのくらい使いますか?

 

■フォローしなくても、共通の話題で盛り上がれる「ハッシュタグ」

「ハッシュタグ」とは単語の前に#(シャープ)をつけることで、フォローしている・していないに関わらず「タグのついたツイート」のみを“串刺し”検索できる機能のこと。

イベント時なんかにハッシュタグで検索すると、共通の話題で盛り上がっている人たちを見つけられたりできます。

ただ最近、必要以上にたくさんのハッシュタグをつけたつぶやきを見かけませんか? あれはどのような意味でつけているのでしょうか?

 

 

■大量のハッシュタグは「Instagram」発祥!

「複数のハッシュタグがついたつぶやき」とは、こんなツイート。

比較的分かりやすい単語に「#」をつけて、繫がってない人ともつぶやきを共有出来るハッシュタグですが、ご紹介したツイートはなんだかそういった使い方ではないような……。

こちらのつぶやきはもうハッシュタグだけで内容がなんとなく伝わっちゃいます。

実はこれ、写真共有SNSの「Instagram」でよくみられる光景なんです。ツイートの中のリンクも、どうやらInstagramのものが多いみたい。

某まとめサイトによると、Instagramではハッシュタグを「検索用タグ」のように複数使い、たくさんの「いいね!」やフォロワーを狙うのがセオリーなんだそう。日本でもInstagramユーザーが増えてきており、Twitterと連携させているユーザーから広まってきているみたい。

 

■Twitter民からはちょっと不評!?

でも、Twitterには快く思わないユーザーもちらほら。

ハッシュタグをたくさん付けるなんて、Twitterしか使っていない人にはちょっと馴染みがなく、戸惑っている人も多いよう。

ちなみに、Facebookでもハッシュタグが使えますよ。使い方はTwitterやFacebookと一緒。

Instagramから広まりつつある“ハッシュタグ複数使い”。Instagramの人気とともに、これからどんどん増えてくるかもしれませんね。