福田正博 フォーメーション進化論

 先日、アジア大会(9月19日開幕)に向けたU-21日本代表候補の福岡合宿を取材してきた。日本サッカーの将来を担うであろう彼らの姿を見ていて思い出したのは、先日のブラジル・ワールドカップのことだ。

 あのときの各国代表は、強豪国でも若手選手、しかも23歳以下の選手たちがチームの主力になっていた。コロンビアのハメス・ロドリゲス(23歳)やスイスのジェルダン・シャキリ(22歳)、ドイツのマリオ・ゲッツェ(22歳)、そしてブラジルのネイマール(22歳)。

 日本でもこの世代から、A代表の主軸として活躍できる選手が出て来てほしい。そんなことを思いながら、トレーニングを眺めていた。

  現在のU-21日本代表候補たちが2年後、2016年のリオ五輪を担う世代になるとすれば、そのときに彼らは23歳前後。その2年後、2018年のロシア W杯では、25歳になっていることになる。そう考えていけば、むしろ現在のU-21世代よりもさらに下の年齢層も今のうちから視野に入れておかなければな らない。

 選手の低年齢化は、サッカーに限らず多くのスポーツにあてはまる現象といえる。成長速度や体格等の面で、欧州とアジアでは差異もあるので一概にはいえないが、少なくとも日本はこの点に関して、まだ少し遅れている印象がある。

  また、低年齢化と同時に、多くの競技では選手寿命が昔と比べれば飛躍的に長くなっている。これは、スポーツ医学やトレーニング技術の向上などが大きな要因 のひとつになっているのだろう。クリスティアーノ・ロナウドやメッシは、20歳前後のころからトップレベルで活躍し、その水準を10年近く維持し続けている。彼 らと比較すれば、日本人選手たちが第一戦で活躍する期間はまだまだ短い。

 U-21日本代表候補の選手たちには、「自分たちが、4年後の ワールドカップで中心的な役割を果たす」という強い意識をしっかりと持ってプレイをしてほしい。日本サッカー協会も、彼らを単なる若手と見なすのではな く、ロシアW杯を担う中心選手、という視点で捉えてほしいと思う。

 代表監督に就任したハビエル・アギーレ監督は、就任会見の際に「代表に入ることに意欲的で、国を背負うことに意欲的な選手を呼びたい」と言っていた。だが、U-21代表候補合宿では、彼らからその「意欲」をあまり感じられなかったのが、少し気になった。

 練習風景を見ていると、選手たちの動きは素晴らしいし、個々に高い技術や戦術眼を備えていることもよくわかった。ただ、貪欲な野心や向上心、つまり、「自分が日本を背負って戦ってみせる」というたくましさは、彼らからはまだあまり感じられなかった、というのが率直な印象だ。

 気持ちを強く持てれば困難を突破できる、というやみくもな根性論や精神論を唱えるつもりなどもちろんないし、「気持ちの強さ」は、たくさんある重要な要素のひとつにすぎない。だが、一定水準の技術や戦術をふまえた前提のもとでは、この野心や向上心が非常に重要で、プロの世界ではその有無や多寡が選手としての成否を大きく左右する要素になる。

 若手のなかで一番印象的だったのは、センターバックのふたりだ。吉武博文監督が指揮したU-17W杯(2011年メキシコ大会)で成績を残したときのメンバーだった植田直通(鹿島)と、岩波拓也(神戸)。彼らは高さがあり、スピードと足もとの技術もある。今まで日本は、こういったタイプのDFがほとんどいなかった。たとえば、ロンドン五輪のチームでは、関塚隆監督は大柄な選手をDFに置こうとしたが、選手層が薄かったためにオーバーエイジ枠から吉田麻也を入れることになった。

 しかし、リオ五輪を目指す今回のメンバーはCBに人材がそろっている。植田と岩波は、ともに身長が185センチ以上あって、空中戦にも対応できるし、パスさばきも正確だ。彼らがこれから学んでいくべきことは山のようにあるが、期待したい。

 彼らは、吉武監督指揮下のU-17W杯で、最後はブラジルに3-2で負けたけれども、それ以外の試合では予選も含めて非常にいい戦いをして、世界を驚かせた世代だ。若いころから国際経験を積んで世界を知っている世代で、今後もアジア大会、五輪、と経験を重ねていってほしい。彼ら自身も自信を持っているだろう。

 中盤には大島僚太(川崎)がいることが大きい。ここ1、2年で最も急成長した選手のひとりだし、リオ五輪を目指すこのチームの中心はまちがいなく 彼になる。ボールを失うことがほとんどない大島の戦術眼、技術、落ち着き、クラブでの経験は、チーム全体の大きな武器になるはずだ。大島には、A代表入り を狙うくらいのつもりでがんばってほしいし、彼のA代表入りは日本サッカーの将来にとっても非常に有意義なことだと私は思う。

 一方、前線には少し物足りなさを感じる。だが、鈴木武蔵(新潟)や野津田岳人(広島)は高いポテンシャルを備えているので、今後の成長が楽しみな選手たちだ。

 4年のスパンで選手を入れ替えて活性化させるべし、ということがよく言われるが、上の世代に割って入る選手が出てこなければ、そもそも競争するための土壌ができないし、刺激にも活性化にもならない。

  過去を振り返ると、2002年の日韓共催W杯では2000年のシドニー五輪世代がたくさん入ってきた。そして、そのままの流れで2006年のドイツW杯ま で行った。つまり、2004年のアテネ五輪世代はA代表の先発に入ることがほとんどできなかった。活性化もせず、ドイツW杯はグループリーグで敗退した。

  今回のブラジルW杯も同様だ。2008年の北京五輪世代が2010年の南アW杯で主力になり、このときはベスト16に進出した。その北京世代がチームの中 心になり、2014年ブラジルW杯に臨んだが、ロンドン五輪でベスト4になった世代は、ほとんどA代表の先発に入ることができなかった。逆の立場から見れ ば、シドニー五輪世代と北京五輪世代にいいメンバーがそろっていたがために、下の世代はA代表に入れなかった、ともいえるだろう。だが、同じメンバーで4 年以上戦い続けることは、成熟度を高めるという長所もある反面、少しマンネリ化を招いてしまう危険もある。

そう考えたときに、これからA代表に割って入ってきてほしい23歳以下の若手は、先に挙げた5人のほか、まず鹿島のMF柴崎岳(22歳)、そして、アタッカーでは現在ガンバで好調の宇佐美貴史(22歳)に注目したい。10代では、セレッソ大阪の南野拓実(19歳)にも期待大だ。

 数時間後には、アギーレジャパンの招集メンバーが発表される。アギーレ監督自身、若い世代を見たいと言っていたので、若手選手たちにチャンスが与えられる可能性は高いだろう。招集メンバーの中にどれくらい若い世代が入ってくるのか、楽しみにしたい。

福田正博●解説 analysis by Fukuda Masahiro