羽生結弦クンのガーナミルクチョコレートCM出演にあたり、僕が「お口だけの恋人」になれば八方丸くおさまると思った件。
すべてのセクハラを僕が一旦受け止め、届けます!

最近フィギュアスケート界を震撼させていた話題。高橋大輔選手に襲い掛かった橋本“キス魔”聖子さんの一件。僕も週刊文春を買ってその模様を目撃したのですが、そこに映し出されていたのは予想以上の聖子ちゃんのウキウキっぷりでした。ファンの皆さまにおかれましては大変お気の毒で、さぞお通夜ムードであったことだろうと胸が痛みます。

慰めにはならないかもしれませんが、あれはギリセーフだったのではないかと、僕は思うのです。高橋大輔さんと言えば、もうイイ大人です。醸し出す色気は少年のソレではなく、アダルトな世界観がしっかりと表現されているもの。言ってみれば、それはジャニーズ的なものではなく福山雅治さんとかに近いもの。お戯れのエッチトークとか、ちょっとした濡れ場とかまでは、許容してもいいのではなかろうかと。

僕などもいいオッサンなので、オッサンの気持ちとして言わせていただければ、あれほどに聖子ちゃんがウッキウキであれば、苦笑いしつつもチューくらいしてあげるのがオトコだと思うのです。もちろん嫌なら嫌と言ってOKですし、拒否したことで強化費を削られたりするようなことがあれば断固戦いますが、あそこでチューしてあげるのも男っぷりだと思うのです。

同じ状況に追い込まれた場合、僕も、多分します。あれだけウッキウキワックワクな聖子ちゃんが迫ってきたら、します。そこで逃げたら、どこか男がすたるような気がするのです。まぁこれは一種のワダアキコ案件であり、雪山順応型のワダアキコをハンマーで殴り飛ばした程度の事件と思ってあげたいのです。そして、週刊文春を読みながら「口元性子ちゃんは元気やのぉ」「さすが元スピー ドスケーベ選手」「シリガルー五輪・ベロベーロベロ五輪代表」程度のからかいで済ますのが、オトナtoオトナの赦し方だと思うのです。

だがしかし、羽生クンはダメだ。

俺が、許さない。

羽生クンはまだ19歳。いくら立派な人物であっても未・成・年です。彼はプライベートキッスをしたことがあるのでしょうか。どこまで進んでいるのでしょうか。すべてゼロという可能性だってあるでしょう。年齢的には。そんな駆け出し青少年に、お戯れであってもウッキウキワックワクすることは許されないのです。多分それは、聖書とかで禁じられている系の罪です。自分の脳内から妄想を出さないこと。理想の物語を同人誌などで描かないこと。オトナto未成年の関係は、我慢・忍耐・自制こそが重要なはずです。

そこで提案があります。

聖子ちゃんや、その他の女子がウッキウキな場合、一旦それを受け止めるクッションを導入してはいかがでしょうか。想像してみてください。AKB48同士がキスしているところを。キスマイが互いの家にお泊りしているところを。健全でしょう。それは許されている感じ、しますよね。思うにそれは、性欲が介在しない関係だからだと思うのです。純粋な友情や愛情の表現として、同性間のキスやスキンシップがあるのはセーフではないでしょうか。お口の恋人…いや、お口「だけ」の恋人ならば、世間も許してくれるのではないでしょうか。言うなれば親子のキスみたいな、安心肉体関係として。

しかるに、誰か適当な同性の人物…例えば僕などが「お口だけの恋人」として、さまざまな好意を一旦受け止め、本人に渡すというのではどうでしょう。聖子ちゃんがウッキウキだった場合には、一旦僕が聖子ちゃんのウッキウキをキスで鎮めます。そして、その感触を僕が羽生クンとか高橋大輔さんに改めてキスで伝える。これならば皆の想いが最大限活かされるのではないでしょうか。NOセクハラ、NO性欲、NO揉め事な解決法、僕はコレしかないと思います。スケート連盟の皆さん、僕はオファーを受ける準備がありますので、ぜひセクハラ処理担当「お口だけの恋人」業務の新設、ご検討いただきたいものです。

ということで、日本三大守らなければいけないものの一角、美しい自然・平和な社会・羽生結弦クンについてチェックしていきましょう。

◆C・H・O・C・O!恋をしよう!チョコレート、チョコレートみたいな!

どうやら、世の中には「チョコレートの季節」なるものがあるそうです。8月27日、JOCオフィシャルスポンサーとして日々スポーツ界の発展に協賛されているロッテさんが、「これからチョコレートの季節ですよー」という意味での「チョコびらき」なるセレモニーを開催したのです。ふむ、確かに真夏はチョコが溶けちゃいますからね。そろそろかもしれませんね。

そのイベントに主役として登場したのが、世界の王・羽生結弦クン。土屋太鳳さん、松井愛莉さんという美女2名による「さぁ、ガーナでチョコびらき!」の宣言を受け、羽生クンもセレモニーにご登場されたのですが、それはもう大変な威容。キングカズ以来の「日本スポーツ界の王」が誕生したことを、確信させるものであったのです。

↓羽生クンは巨大なプレゼントボックスの中から、パリの散歩道ポーズで出現!


バモラ!バモラ!バモラ!

コレが許される人間は、世界にもそう多くはないぞ!

普通、こんなんしたら笑っちゃうからな!

↓今の若い人は知らないかもしれないけれど、日本サッカーの夜明けにはこんなキングがいたのだよ!

風船が割れたらキングが出てきたんだぞ!

本当にカッコいい人は、どんな色にも、どんな演出にもかき消されない!

↓せっかくなので、この名場面をさまざまな角度でお楽しみください!








何だろうこの「ありがたや」という感情は…。

京都で仏像見たときに近い気持ちになる…。

拝む!

目の前でコレを見たら、きっと拝む!

みんなで拝もう!演技前とかに!

【送料無料】 羽生結弦 / 羽生結弦「覚醒の時」【初回限定豪華版】 【BLU-RAY DISC】

価格:5,074円
(2014/8/28 04:59時点)
感想(1件)



真っ赤なスーツ。掲げた右手。紙吹雪を優しく払いながら、「おふざけ失礼しました」とでも言うかのようなしなやかなお辞儀。「美しさ」を仕事としている美女さえも、この金色の輝きの前には一歩譲らざるを得ない。まるで皇族か何かのような気品さえ、そこにはありました。と同時に、フォトセッション終わりにひとくちチョコをいただいてみたりする、飾り気のないお茶目さも。

羽生クンは「本当にガーナミルクチョコレートが大好きだったのでこのお話をいただけて嬉しい」「このお話が来る以前から本当にガーナチョコレートが大好きで」「テストの勉強のときにも練習の合間にも、もちろん試合の前にも食べさせていただいていた」とスポンサーが泣いて喜ぶコメントを連発。勢いでガーナ大使館から感謝状でも来そうなほどの熱烈なガーナ推しぶりで、僕も一気にガーナ党に宗旨替えせざるを得ません。明治ミルクチョコレートよ、サラバじゃ!

↓2014年は羽生クンにとって「ガーナCMびらき」の年とのこと!

キミ、上手いこと言うな…!

ダメだ…僕の脳は「大股びらき」とか「おくち半びらき」とか「ビラビラ」とかロクでもない語彙で汚染されている…!

死ね僕!死ね僕!死ね僕!死ね僕!

↓羽生クンは共演者とのやり取りでも、絵になるコメントを連発したぞ!
――出来上がったCMいかがでしたか?

羽生:「すごい恥ずかしいですね。あまり見たくないんですけれども。本当にガーナチョコレートが大好きだったので、このお話をいただけてホント嬉しかったですし、実際に自分が出れてホント嬉しいなと思います」

――テスト勉強の合間にもよく召し上がっていたそうですね。

羽生:「チョコレートはカフェインだとか糖分、ブドウ糖などが本当に豊富に含まれているので、夜中のテスト勉強などでも、本当にいいなという風に思っています。ハイ、(これからも)いっぱい食べます

――撮影は緊張しましたか?

羽生:「とても緊張しました。ホントに試合のように緊張したんですけれども、終始スタッフの方々、また監督の方が、楽しい雰囲気を保ってくださったので慣れないCM撮影でしたけれども、本当に楽しかったです」

――土屋さん、松井さんから羽生選手に聞いてみたいことはありますか?

土屋:「私は女優という演技の仕事をさせていただいているんですけれども、羽生選手はリンクの上で演技をしているということで、いい演技をするために大事にしていることとか、心がけていることがあったら…」

羽生:「そうですね…僕たちは結果を求められる競技なので、競技という点では常に向上心を持ってやりやすいと思うんですけれども、順位というのが女優さんの仕事はないと思うので、それを本当に明確に、どういう女優になりたいとか、どこまで頑張りたいっていうのを常に持ちつづけていければ、たぶんいい演技ができてくるんじゃないかなと思います。すいません、上から目線なんですけど!

羽生:「自分自身は、目標が常に一緒ではないので、自分が上手くなればそれ以上また上になっていくってことを、すごい心がけています」

土屋:「ありがとうございました……!(拝)」

松井:「私は自分自身ではあまり緊張しないほうなんですけど、結構よく周りからは緊張してるねって言われるんですけど、そう見えないために、堂々とするコツとかあったら教えてほしいなって」

羽生:「緊張することって間違ってないと思うんです。実際自分も今緊張していますし。こんなお綺麗なお二方に囲まれたら(笑)、ホント緊張するんですけれども。緊張してもそれをしっかりと自分の中で認められるというか。緊張してるねって言われたら、たぶん緊張してるんだと思いますし。それを開き直って、緊張しててもこれだけできるんだ、これだけ自分は見せれるんだってことを、みんなに見せれたら、それはそれで堂々とできると思います

松井:「ありがとうございます……!(拝)」

――羽生選手からお二方に何か質問はありますか?

羽生:「すいません失礼します。僕自身も来月からシーズンの始まりがあるので、練習が忙しくなってしまうんですけれども、お二方も予定がビッシリだと思いますけれども、どういった気分転換をされているんですか?教えてください」

松井:「私は最近、星を見ることが好きで、ベランダで星眺めながら考えごととかしてます」

羽生:「スゴイですね。何か、星なんてなかなか見れないと思いますし、そういうのってスゴイいいなって思います。ロマンチックだなって思います

土屋:「とにかく自然とか都会とかでも素敵な景色を見るのが好きで、カメラを持って景色を撮ることが多いんですけれども。星とか満月とか夕日とか見て深呼吸するのも気分転換になると思うので…ちょっと試してみてください!」

羽生:「ハイ、ありがとうございます!」

羽生:「こうやって仕事が増えたら、周りにも人がたくさん集まってくると思いますし、息苦しいときもあると思うので、ぜひやってみたいなと思います

――今年の初挑戦を「●●びらき」で教えてください。

羽生:「僕の●●びらきは、ガーナCMびらきです。そのまんまですけれども、ホントに新たにガーナのCMに出させていただくってこともありますし、実際にこのお話が来る以前からホントにガーナチョコレートが大好きで、よくテストの勉強のときにも練習の合間にも、もちろん試合の前にも食べさせていただいていたので、ホント嬉しかったですね」

――それでは最後にメッセージを。

羽生:「チョコのシーズンが始まるとともに、僕のシーズンもようやく開幕ということで、本当にこれから忙しくなりますし、トレーニングも頑張っていかなきゃいけないと思うんですけれども、その中でもガーナチョコレートを食べながら、試合や練習にしっかり打ち込んでいきたいなと思います」

心の中の鬼がときどき顔を出し、それを包み込む愛嬌を振りまいていくようなランブリングトーク!

ドキドキする!お兄さん、ドキドキするよ!

玉井詩織か羽生結弦かって感じで、コッチも汗かくわ!

↓イベント後の囲み取材では、今シーズンへ向けての熱い抱負も語ってくれたぞ(5分頃から)!


羽生:「赤一色の衣装もいいなって」
羽生:「(両手に花で)恥ずかしいですね」
羽生:「こんな素敵なお二人に囲まれて」
羽生:「(次回作は)もし僕の希望が言えるなら…」
羽生:「スケートをしているところで」
羽生:「陸上ではなく撮ってほしいです」
羽生:「(共演したい人は)僕自身テレビの世界に入っているって感覚はないですし、いちスケーターなので」
羽生:「誰とかそういう感じではなくて」
羽生:「どんな方でも嬉しいんだろうなって」
羽生:「(本作は)胸を張って見ていただける作品になった」
羽生:「CMを見て、ガーナチョコレートを常に」
羽生:「常にというか、目から離せないように」
羽生:「持ち歩いていただけたら嬉しいです」

ロッテ・ガーナチョコレート55g

価格:88円
(2014/8/28 05:01時点)
感想(0件)



水曜日、家に帰る際、僕は数件のコンビニに立ち寄りました。そこでは何故かガーナミルクチョコレートが売り切れ。まさか羽生クン効果ではないでしょうが、早くも争奪戦の予感が漂ってきます。昨年のバレンタインはガーナを買うと真央ちゃんクリアファイルがもらえるということで、僕もせっせとガーナを買ったもの。今回、羽生クンが登場するとなれば、争奪戦はより激しいものとなるでしょう。

しかも、全付け景品ではなく抽選プレゼントの類だったなら。僕も「内田篤人抱きまくら」の抽選を勝ち抜いた強運の持ち主ではありますが、「羽生結弦とろけるティッシュカバー」「羽生結弦ぬくもりバスタオル」「羽生結弦ささやきヘッドフォン」などを巡る激戦を勝ち抜くのは簡単ではないでしょう。

まずやってくるであろうハロウィン羽生。「トリック・オア・チョコレート!」なんて言われたら、速攻でトリックを選んで溶けたチョコレートの掛けっことかしてしまうじゃないですか。つづけざまに襲い来るクリスマス羽生。「枕元にスケート靴を下げておいてね」とか言われたら、賃貸のアパートですけど煙突立てざるを得ないじゃないですか。さらに迫り来る本命・バレンタイン羽生。「大切なあの人へ、届け」とか言われたら、本命チョコをカナダに空輸してしまうじゃないですか。そして意外に油断できない母の日羽生。「カーネーションと一緒に、大好きなチョコレートを贈ります。母さん、いつもありがとう」とか言われたら、産んでよかったって涙がこぼれちゃうじゃないですか。僕の子宮がキュンってなるじゃないですか。

僕はしばらくチョコレートを断とうと思います。シリアルコード集めのために。チョコレート欲を抑制し、本命であるバレンタインに備えるのです。そして食べきれないほどのシリアルが必要となった場合は、会社の同僚に義理チョコとして配布するのです。「え、あの人から?」「一度も話したことないよ」「いっつも黙ってる人でしょ」「何か気持ち悪い」「ヘンなクスリでも入ってそう」「しかもパッケージ切れてるし」「迷惑よね」「うん、怖い」などと罵られるのを覚悟の上で…!

汚いぞロッテ!

羽生クンを使って、一年中ガーナを売ろうというその魂胆!

シンボルアスリートの弱みにつけ込みおって!

どうせならいろんなものに使え!

ガーナだけじゃシリアルコード集めるのが辛いから!

パイの実とかコアラにもシリアルをつけろ!

ガーナばっかり食べてたら、「ガーナさん」とか呼ばれちゃうだろ!

↓羽生クンのガーナCMは9月2日よりオンエアとのこと(2分頃から)!


キッと顔を上げるところ、イイね!

パリの散歩道の決めポーズ風、とか!

お得意の指パッチンみたいな動きとか!

あとバラード1番の決めポーズ風、とか!

シーズンインしたらさらにグッと来そうなポイント多し!

羽生結弦 2015年カレンダー【カレンダーまとめ発送対象商品】《09月予約》

価格:1,980円
(2014/8/28 05:04時点)
感想(0件)




CMで「お口の恋人になろう!」っていう音声を作って、売ってください!