©「近キョリ恋愛」製作委員会 ©みきもと凜/講談社

写真拡大

2007年から11年まで講談社『別冊フレンド』に連載され、大ヒットした少女コミック『近キョリ恋愛』。教師の櫻井ハルカと生徒の枢木ゆに、禁断の関係を描いた少女漫画の王道ともいえる作品だが、ユニークなのはハルカもゆにも、ともにツンデレであることだろう。

この記事の完全版を見る【動画・画像付き】

整ったルックス、自信満々なのに親しみやすい雰囲気、わかりやすい授業で生徒たちに大人気のハルカは、まさに史上最強の高校教師! 

対するゆには、どんなときにも決して表情を崩さず、グッと感情を飲み込んでしまう成績優秀な少女だ。英語が苦手なゆにのためにハルカがはじめたのは、放課後の特別な授業。ハルカがゆにの中にある脆さに気づいたことで、ふたりだけの時間が動き出す――。

究極の禁断の愛であり純愛、しかも主人公はパーフェクトな教師とクールな女子高生。少女漫画だからこそ成立するこのあやうくも美しい世界を実写で描き出すためには、キャスティングが最も重要な要素となる。

得意の英語を生かしてハルカを演じるのは、スクリーンではラブストーリー初挑戦となる山下智久。

“山P”とは呼べないような大人の色気と、その奥に隠された過去のトラウマと寂しさまでも感じさせ、これまでに見せたことのないような表情で観る者の胸をときめかせている。ゆにを演じるのは『渇き。』の強烈な存在感で話題をさらった小松菜奈。わずかな瞳の動きやスカートをギュッと握りしめる手の先にまで役作りが生きていて、気持ちをうまく表せないハルカをきめ細やかに演じた。

丁寧な感情の動きを描いているからこそ生きてくるのは、女子の胸をキュンキュンさせる
必殺シーンの数々だ。

壁ドン、お姫様抱っこ、後ろからのハグ、教壇の下でのキス……、とこれでもかと外せない名シーンが次々と投下され、映画館で息も絶え絶えになる女子も多そう!? 

ロマンチックなシーンを照れずに直球で、なおかつロマンチックに美しく撮ったのは、『君に届け』など透明感あふれる映像で少女漫画の世界を実写化した経験を持つ、熊澤尚人監督。『おと・な・り』でタッグを組んだまなべゆきこの脚本は、女子の心をつかむベタとリアルのバランスが絶妙で、“恋愛の教科書”のような趣もある。ゆにが心を安定させるかのように触るネコの髪留めなど、原作にも描かれた恋のアイテムにも手抜きなし。“作り手の精神は細部にこそ宿る”のお手本といえるかもしれない。

「大好きだけど大嫌い」。アンビバレンツな気持ちを持て余しながらも、相手を思うからこそ戸惑い、決断し、前に進もうとするふたり。恋によって殻を破って成長していくハルカとゆにのラブストーリーを、ぜひいち早くスクリーンで体感してほしい。

■映画『近キョリ恋愛』胸キュン!ツンデレ試写会&座談会 参加者募集
8組16名様 ご招待!!

山下智久主演のラブストーリー映画『近距離映画』がいち早く見れます。
映画を見た後、座談会に出席していただきます。

その模様をウレぴあ総研の記事内にてレポートさせていただきます。
※応募条件:ネット掲載可能な方。

■日時:9月8日(月) 18:00開場
■会場:都内某所 ※詳細は当選者のみにお知らせいたします。

■18:30〜20:28 映画鑑賞
■20:30〜21:00 座談会(会議室)

■募集期間:2014年8月26日(火)〜9月2日(火)

応募はこちら [https://be.pia.co.jp/form/pub/media/kinkyori-movie]