「第27回東京国際映画祭」/画像は公式Webサイトより

写真拡大

10月24日(金)から10月30日(木)までの間、TOHOシネマズ日本橋での「第27回東京国際映画祭」にて開催される、特集上映企画「庵野秀明の世界」の上映対象となる全42作品が発表された。

ラインナップを見ると、自主制作アニメーションの『ことわざ辞典 へたな鉄砲も数うちゃ当たる』(1979年)や『じょうぶなタイヤ! SHADOタイヤ』(1980年)など、庵野さんが学生時代に自主制作した、ファンの間では伝説的な存在となっている作品をはじめ、原画を担当したオリジナルビデオアニメーション『メガゾーン23』(1985年)、脚本・監督を務めたTVアニメ『彼氏彼女の事情』(1998年)など、「エヴァンゲリオン」シリーズのイメージが強い、映像作家・庵野さんの知られざる世界を体感できる貴重な作品が並んでいる。

史上初の特集上映企画



特集上映企画「庵野秀明の世界」は、10月23日(木)から10月31日(金)まで開催される「第27回東京国際映画祭」の一環で行われる企画。

今回で27回目を迎える同映画祭は、AKB48のプロデュースを手がける秋元康さんが総合プロデューサーとなり、ニコニコ動画での関連動画再生数が1億を超える人気ゲーム実況者集団・M.S.S Projectをニコ動ナビゲーターとして起用するなど、例年以上に幅広い層から注目されている。

その目玉として発表されていたのが、同映画祭史上初の特集上映「庵野秀明の世界」だ。

上映作品の一覧は、同映画祭の公式Webサイトで見ることができる。冒頭で紹介した作品以外にも、自主制作の特撮作品『ウルトラマン』(1980年)や、劇場版アニメ『王立宇宙軍 オネアミスの翼(パイロット版)』(1985)、いまだに根強いファンを持つオリジナルビデオアニメーション『トップをねらえ!』(1988年)、作画を務めたジブリ作品『火垂るの墓』(1988年)など、多彩な作品がラインナップされている。

一般チケットの発売は10月11日(土)より電子チケットサービス「ticket board」にて開始。上映作品に関しては今後も追加や変更を予定している。