左上段から時計回りに「殺せんせー」キャラクタービジュアル、潮田渚キャラクタービジュアル、赤羽カルマ役の菅田将暉、烏間惟臣役の椎名桔平、奥田愛美役の上原実矩、神崎有希子役の優希美青、中村莉桜役の竹富聖花、茅野カエデ役の山本舞香 ©2015松井優征/集英社・映画「暗殺教室」製作委員会

写真拡大

実写映画『暗殺教室』が2015年3月から全国東宝系で公開。主要キャストが明らかになった。

【もっと大きな写真を見る】

同作は、2012年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている松井優征による同名コミックの実写映画版。進学校「椚ヶ丘中学校」の落ちこぼれクラス・3年E組の担任に突如就任した超高速で動くタコ型の生物「殺せんせー」と、成功報酬100億円で国から「殺せんせー」の暗殺任務を秘密裏に託されたE組の生徒たちの戦いと成長を描く。

3年E組の生徒で、クラスでは目立たないが次第に特異な「暗殺」の能力を開花させていく主人公・潮田渚を演じるのは、映画初主演となる山田涼介(Hey!Say!JUMP)。E組の副担任として防衛省から派遣され、生徒たちの暗殺をサポートする戦闘技術のプロフェッショナル・烏間惟臣を椎名桔平が演じる。さらに、E組の生徒役として、赤羽カルマ役の菅田将暉、茅野カエデ役の山本舞香、中村莉桜役の竹富聖花、神崎有希子役の優希美青、奥田愛美役の上原実矩の出演が明らかになっている。監督は、『海猿』シリーズやテレビドラマ『MOZU』シリーズで知られる羽住英一郎。

撮影は、関東近郊の小学校跡地に建設中のオープンセットで行われるという。なお、同作のテレビアニメ版が2015年1月からフジテレビで放送される。

【山田涼介のコメント】
暗殺教室は、週刊少年ジャンプの中でも好きで読んでいる作品です。これをもし実写化する場合どうなるのか...と考えた事があったのですが、無理だろうなぁと思っていました。今回映画化される事にビックリしていたら、そこに自分も出演させていただけると聞いて、更に驚きを隠せません。その中でも、中心人物となる渚という殺しの才能を秘めた、女性のような男性の役をやらせていただくと聞いて不安ではありますが、原作ファンの方にも、まだ原作を読んでいない方にも楽しんでもらえるよう、殺せんせーのもと、授業に臨んで頑張っていきたいです。来年3月の公開まで、楽しみに待っていただけたらと思います。

【椎名桔平のコメント】
原作の印象は、よくこんな奇想天外なストーリーを生み出したものだと驚きました。ユーモアの裏側で、現代の教師像の在り方に警鐘を鳴らしているように感じました。映像化の困難な作品だと思いましたが、羽住監督なら必ず素晴らしい作品に仕上げてくれるという信頼感があります。若い役者の皆さんとの共演も、今から楽しみですね。

【松井優征のコメント】
羽住監督の作品は連ドラの演出をされていた頃から見ており、漫画原作を数多く手がけてこられた方なので、仕上がりがとても興味深いです。また、キャストの豪華さに驚きましたが、それ以上に殺せんせ一のCGには予想以上に手間と費用が掛かるという事に何より驚きました(笑)豪華な人間と、高価な触手がどう絡むのか、今から本当に楽しみにしています。

【羽住英一郎監督】
魅力的なキャスト達が集結し、これから始まる「殺せんせー」との三年E組での日々を撮影するのが楽しみです。原作に込められた大切なメッセージも含め、『暗殺教室』の魅力を余すことなくスクリーンで楽しめるエンターテイメント映画になるよう、スタッフキャストと共に全力で挑みます!