「Everio GZ-R70」(ホワイト)

写真拡大

JVCケンウッドは2014年8月下旬、JVCブランドのビデオカメラ「Everio(エブリオ)」から、防水、防塵、耐衝撃、耐低温に対応した4つの保護機能を搭載した「GZ-R70」を発売する。

大容量バッテリーで連続撮影"約4時間半"実現

水深5メートルで30分までの撮影が可能なIPX8相当の防水性能、IP5X相当の防塵性能、1.5メートルの耐衝撃性能、マイナス10度の耐低温性能を装備し、さまざまなシーンでの撮影に対応する。

撮像素子は1/5.8型裏面照射CMOSセンサーで、有効画素数は229万画素〜101万画素(動画撮影時)。光学40倍ズームに加えて、ダイナミック60倍ズームも備える。また、撮影シーンを自動で認識・判別し、最適な映像処理を行う「インテリジェントオート撮影」機能を搭載。「被写体」「背景」「光源」「撮影スタイル」の4つの撮影条件から284パターンを判別するので、面倒な設定を行うことなく、カメラまかせでよりイメージに近い映像が自動で撮影できる。

内蔵メモリーは32ギガバイト。長時間モード(EPモード)で、最大約13時間30分の撮影が可能。また、大容量バッテリーを本体に内蔵しており、約4時間35分の連続撮影時間(実撮影時間は約2時間30分)を実現した。本体カラーは、ブラウン、ホワイト、ブルーの3種類。

サイズは幅60×高さ59.5×奥行き122ミリ、重量は約286グラム。

価格はオープン。市場想定価格は5万5000円前後。