星の王子さまが初のアニメ映画、日本公開は“2015年冬”に決定。

写真拡大

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの名作小説「星の王子さま」が、マーク・オズボーン監督(「カンフー・パンダ」)の演出でアニメ映画化される。そして日本では「リトルプリンス 星の王子さまと私」のタイトルで、ワーナー・ブラザース映画配給により2015年冬の公開が決定した。

1943年に出版された「星の王子さま」は270以上の言語に翻訳され、全世界で1億4,500万部以上を売り上げている不朽の名作。出版から70年、アニメーション映画化されるのはこれが初めての試みだ。

本作のメガホンをとるマーク・オズボーン監督は、「このプロジェクトについて初めて打診されたとき、僕は興奮したと同時に心配になった。あれほどまでに詩的な名作を、損なうことなくどうやって映画化できる? あのストーリーの長編アニメ映画化なんて、不可能なことに思えたんだ。でも最終的に気づいた。これは一生に一度のチャンスだとね。そして、このチャンスはとても拒むことができない贈り物だった。僕はじっくり考えた結果、映画化するうえでの鍵は、その本を巡って展開される、より壮大なストーリー……原作の世界観を忠実に描きつつ、そこを核にして大きく展開されるストーリーを描くことだと気づいた」と語り、その言葉どおりに多彩な解釈の余地を残す原作の魅力を損なうことなく、世界中の幅広い層の観客にアピールする映画を目指し、制作が続けられている。

このプロジェクトのために、マーク・オズボーン監督をはじめ世界中から一流アーティストが集結。キャラクターデザインはピーター・デ・セヴ(「アイス・エイジ」「ファインディング・ニモ」)、美術はルー・ロマーノ(「カールじいさんの空飛ぶ家」「モンスターズ・インク」)、ストーリー主任はボブ・パーシケッティ(「シュレック2」「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」)、アニメーション監修はジェイソン・ブース(「レミーのおいしいレストラン」「カールじいさんの空飛ぶ家」)、キャラクター監修は四角英孝(「塔の上のラプンツェル」「シュガー・ラッシュ」)、アート・ディレクションはセリーヌ・デルモー(「ハリー・ポッターと死の秘宝PART1」)、 アート・ディレクション(キャラクター)はバーセレミー・モーノリー(「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」)、アート・ディレクション(セット)はマシュー・ ゴセリン(「ターザン」)などなど。制作プロダクションはオニキス・スタジオだ。

英語版ではジェフ・ブリッジス、ジェームズ・フランコ、マリオン・コティヤール、ベニチオ・デル・トロなど、ハリウッド最高峰のキャスティングが実現。日本語版も同様に豪華俳優陣をキャスティング作業中だ。声優のキャスティング詳細は、後日改めて発表される。

映画「リトルプリンス 星の王子さまと私」は2015年冬、全国ロードショー。