理研の検証実験でSTAP細胞作製できず、発生・再生科学総合研究センターの研究者半減へ

ざっくり言うと

  • 理研の検証実験で、STAP細胞は一度も作製できていないことが判明した
  • 発生・再生科学総合研究センターの見直しで、研究者も半分になる見通しだ
  • センター長を含む複数の幹部を交代させるほか、研究所の名称も改める

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング