田原俊彦

写真拡大

25日放送の「ライオンのごきげんよう」(フジテレビ系)に田原俊彦がゲスト出演し、かつて「ザ・トップテン」の司会をしていた堺正章のエピソードを、司会の小堺一機と振り返った。

話は田原が、人気アイドル歌手として「ザ・トップテン」に出演していた頃にさかのぼる。小堺も当時「ザ・トップテン」の中継レポーターなどを任されるようになっており、その司会者が、堺正章だった。

小堺が「あの頃、堺さんが怖くてねえ」と口火を切ると、田原も「怖かったですねえ」とコメント。小堺は続けて「みんな今しらないのね、優しい堺さんしか」と、当時の堺を振り返った。

田原は堺について「堺さん、あのオンとオフのね。人が変わったようなね」「あのー、かくし芸(新春かくし芸大会)のリハーサル長すぎて、みんなイヤイヤになってたり」「それほど芸に入り込むと、周りが見えなくなっちゃうっていうか、人の迷惑考えないっていう」と、堺がエンターテイナーとして全盛期だった頃の思い出を語った。

すると小堺は「トシちゃん、今日だけでいいと思って言いたいこと言ってませんか? 私これからもこの番組やるんですから」とこぼし「そーゆーふーにさー!」と、得意の堺のモノマネでツッコんだ。

また、小堺によると田原の窮地を堺が救ったことがあるという。田原のヒット曲「NINJIN娘」を「ザ・トップテン」で披露していた際、人参にみたてたマイクが飛んでいってしまったそうだ。小堺は「俺、袖で見てて『ああ!』と思ったら…」と、生放送ならではの窮地に焦った様子をみせた。

しかし、とっさに駆け寄ってきた堺が田原の窮地を救うべく、自分のマイクを投げ、それを見事田原が受け取り無事にフィナーレを歌いあげることができたそうだ。田原を救った堺の逸話に、田原はおもわず拍手。「あの頃ほんと、全ての歌番組がほぼ生だったから」と、当時を振り返った。

【関連記事】
田原俊彦が妙に高いテンションで下ネタを連発する様子を見た加藤浩次が驚き 「こんな人でした?」
ウーマンラッシュアワー村本大輔、女優・あき竹城に番組裏で怒られていたことを告白
ヒロミ、芸能界復帰の理由明かす「これってずっと繰り返してんだなって」「だんだん疲れてきちゃったから」