「BCTION」/画像はPeatixより

写真拡大

都心の取り壊しが決定したビル1棟を美術館として再利用するアートプロジェクト「BCTION」の展示会が、東京・麹町のオフィスビルにて開催される。

歌人の佐々木あららさんや若手美術家のHOUXO QUEさんをはじめ、アートユニット・エキソニモやグラフィックデザイナーの高橋洋平さんといった、総勢50組以上のジャンルを横断した気鋭のアーティストたちが思い思いの芸術をビルで表現する。

会期は9月1日(月)から9月15日(月)まで。入場は無料だが、完全予約制となっており、チケット販売サイト・Peatixで無料のフリーパスを購入することで開催場所の詳細が送られてくる。

BCTIONとは


画像はBCTION公式サイトのスクリーンショット

画像はBCTION公式サイトのスクリーンショット



「BCTION」とは、50組以上の様々なジャンルの若手気鋭アーティストが、“Do It Yourself 自身で作ろう”という、DIY精神のもと、都心の取り壊しが決定したビル1棟をアート空間として再利用し、思い思いの芸術を表現するアートプロジェクト。

主催しているのは、美術家の大山康太郎さんと写真家の嶋本丈士さんの2人で、ビルの床や壁など、ビル1棟全てを美術館として使用することで、都市のデッドスペースに新たな価値を見出していくという。



また、ビルを再利用することでアーティストが社会に積極的に関与できるチャンスを広げ、表現の場を増やし、さらにはアートマーケットの拡大を目指すという目的もある。

「BCTION」では、展示会に加え、8月31日(日)の15時からはオープニング・レセプションが開かれる。また、会期終了後の9月16日(火)から9月30日(火)の間は、多目的利用として、広告の撮影やイベント、取材等に使用される。

その後10月1日(水)には物件が引き渡され、以降、そのビルは取り壊し予定となっている。