写真提供:マイナビニュース

写真拡大

石田スイ氏による人気漫画で、現在TVアニメも放送されている『東京喰種(トーキョーグール)』最新コミックス13巻の発売を記念して、東京・JR山手線全29駅で原作画を展示する「東京喰種 東京画展」が、8月25日よりスタートしている。

近年、漫画の原画展が各地で実施され人気を集めているが、今回はJR山手線全29駅で原作画を展示するという世界初の試み。石田スイ氏は、デジタル作画を基本としているため「原画」が存在しないが、本展のためにデジタル作画したものを出力、作者の全面監修のもとにオリジナルデータから特殊印刷を行い、実在し得ない「デジタル原作画」が生み出されている。これらの原作画は、山手線の各駅構内に1枚ずつ掲出。山手線を一周することですべての原画を鑑賞することができる。

東京駅には主人公の金木研=カネキが描かれた原画(表題「異食」)、渋谷駅にはヒロイン霧嶋董香=トーカが描かれた原画(表題「胎動」)、品川駅には"大喰い"と呼ばれる喰種・神代利世と金木が描かれた原画(表題「私僕」)など、全29枚それぞれにタイトルが付けられており、そのひとつひとつが額装されて展示。渋谷駅では、このデジタル原画に足を止める利用客も多く、写真撮影している姿も見受けられた。作品を間近で鑑賞できる今回の取り組みは、ファンにはもちろん初めて鑑賞する人にも楽しめる内容となっている。

『東京喰種』は、漫画誌『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて連載中。人を喰らう怪人"喰種(グール)"が跋扈する東京が舞台で、喰種に襲われ瀕死となった平凡な大学生の金木研が、喰種の臓器を移植されたことでその能力を受け継ぐ半喰種に。人間でありたいと願いながら、人を喰いたい衝動に耐えるカネキは、自分の存在に疑問と葛藤を抱きつつ、喰種と捜査官、そして謎の組織との過酷なバトルに身を投じていく姿が描かれる。コミックスは現在13巻まで発売され、累計発行部数は720万部を突破。7月からはTVアニメも放送されている。

(C)石田スイ/集英社