写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ネオマーケティングはこのほど、「夫の身だしなみ」をテーマにしたインターネットリサーチ結果を発表した。調査は8月9日〜10日、結婚して5年以上かつ夫(男性自身)の年齢が35歳〜39歳の男女400人を対象に行われた。

まず、夫の清潔感についてどう思うか聞いたところ、55.0%が「それなりに清潔だと思う」と答えた一方、26.5%が「少し不潔だと思う時もある」、5.0%が「不潔だと思う」と回答していた。それに対し、男性自身は15.5%が「不潔だと思うときもある」、1.0%が「不潔だと思う」と答えている。

結婚後の夫の見た目の変化として残念なものについて聞いたところ、「おなかが出てきた、太った」(43.5%)、「髪が薄くなった」(19.8%)が上位となり、「シミ・シワや肌あれが増えた」(13.5%)と「顔のテカリが目立つなど脂っぽくなった」(13.5%)と肌に関する項目が同率で3位に並んだ。

また、回答項目をカテゴリー別に比べると、最も多いのは「おなかが出てきた、太った」(43.5%)、「筋肉が落ち、身体が細くなった」(6.3%)を合計した体型の変化となり、その次に多かったのは「シミ・シワや肌あれが増えた」(13.5%)、「顔のテカリが目立つなど脂っぽくなった」(13.5%)、「不精ヒゲが目立つようになった」(7.3%)を合計した肌に関する変化であった。

夫のヒゲについてどう思うか尋ねると、47.0%が「全く伸ばさずに剃ってほしい」、34.5%が「不精ヒゲは剃ってほしい」と回答した。また、「オシャレなデザインであれば伸ばしてほしい」と答えた人は16.0%にとどまった。一方、男性側は、65.4%が「しっかりと深剃りをする」、34.6%が「軽く当てる程度にする」と回答した。

さらに、男性に自身の肌質の変化について尋ねたところ、「シミやシワなどが増え、老いを感じる」と回答したのが深剃り派は34.1%だったのに対し、「軽く当てる程度にする」は30.8%という結果となった。「ヒゲが伸びやすくなったと感じる」と回答した人も、深剃り派の人は19.5%であったのに対し、軽く当てる程度派の人は9.2%と、10%以上の差が見られた。

(フォルサ)