トヨタ自動車は2014年8月25日、悪路走行に適したヘビーデューティ仕様車「ランドクルーザー70」シリーズの4ドアバンとダブルキャブ(2列客室)ピックアップトラックの2タイプを期間限定で発売した。メーカー希望小売価格は、バンが360万円、ピックアップが350万円。

高い堅牢性・耐久性、走破性は残しつつ、現代的な仕様に

1984年に発売され、日本国内では2004年に販売を終了した「ランドクルーザー70」シリーズだが、復活を望むファンの強い要望に応える形で、誕生30周年を記念しての期間限定販売が決まった。

閉じ断面形状のフレームをはしご型に配置した伝統のラダーフレーム構造による高い堅牢性・耐久性や、V6・4.0リッターガソリンエンジンとパートタイム4WDを組み合わせ、1リットルあたり6.6キロ(JC08モード)の燃費を確保しながら、最高出力231馬力、最大トルク360ニュートンメートルを実現する高い走破性といった、これまで培ってきたランドクルーザーの特長はそのまま残した。

一方で、現代的な内外装デザインや安全装備などにより、時代の要請に合った仕様に仕上げている。エクステリアは、フロントグリルやフードなどの形状を変更したほか、ウインカーと一体となった現代的な異形ヘッドランプを取り入れた。インテリアではインストルメントパネルを、オフロード走行時に車体の姿勢を把握しやすい水平基調のストレートなデザインとし、高い機能性を確保した。安全面では、SRSエアバッグやABS(アンチロックブレーキシステム)など、時代の変化に合わせた安全装備を備えている。

受注は15年6月30日生産分で終了する。