「アナ雪」が動員2000万人突破、興収254億円で「タイタニック」に接近。

写真拡大

数々の記録を更新し続けている映画「アナと雪の女王」が公開24週目を迎え、8月25日、ついに動員人数が2,000万人の大台を突破した。2,000万人の大台突破は、「千と千尋の神隠し」(2001年に突破)以来、実に13年ぶりだ。

累計動員数は2,000万474人、興行収入は254億3,451万5,160円を記録している。

8月に入ってからも「アナ雪」旋風は止まらず、「アナと雪の女王」MovieNEXもすでに250万枚を突破した。また、レンタル回数も200万回以上、さらにはオンデマンドでも25万視聴を超え、劇場や自宅、さらにはスマホなど至るところで「アナと雪の女王」の鑑賞者が溢れている状況だ。

また、キャラクター関連グッズも続々と新商品が発売されるなど、未ださまざまなジャンルで「アナ雪」旋風が起きている。

☆日本歴代興行収入記録

1位「千と千尋の神隠し」(2001/7/20)304億円
2位「タイタニック」(1997/12/20)262億円
3位「アナと雪の女王」(2014/3/14)254億円

☆全世界歴代興行収入記録

1位「アバター」27億8,230万ドル
2位「タイタニック」21億8,540万ドル
3位「アベンジャーズ」15億1,180万ドル
4位「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」13億4,150万ドル
5位「アナと雪の女王」12億7,421万ドル