洗顔石けん「アルソア」の発表会に出席した、浅田真央 (26日、東京都内にて)

写真拡大 (全7枚)

フィギュアスケーターの浅田真央が26日、都内にて、洗顔石けん「アルソア クイーンシルバー」の発表会に出席。1年間の休養に入って、初めての夏休みを味わっていることから「これまで休んだことがないので、とても新鮮」と心境を表した。

これまでと違った夏休みを満喫。「とても怖かった」という海外旅行の思い出を語る場面もあった。

浅田は、スケート靴を持たないで「ロスにいる友達に会いに行きました」と8日間滞在する旅行に出かけたという。「ディズニーランドに行ったりもしたけど、海や山に入ったり、とてもアクティブに過ごしました」と報告。その内容を語る中でも「空中ブランコに挑戦した」と話すと、周りから驚きの声が上がった。

「駐車場に設置されたサーカス会場。相手は、もちろんプロの方です。1回落ちたりしたけど、クルリと回ってキャッチしてもらうこと、きちんと成功もしました」と平然した様子で語っていた。その適応能力や素質については「全然、褒められたりしていません。本当に怖かった」と説明。恐怖心があったというが、空中ブランコを初体験したそうだ。

浅田はこの日、16歳のときから愛用しているという洗顔石けん「アルソア」をアピール。「海外遠征先に洗顔グッズを忘れて、知り合いの方に借りたことがキッカケでした」と初めて商品を使った場面を説明し、「洗い上がりが違う。そのときから、ずっと使い続けようと思った」と商品に惚れ込んだ様子と7年間愛用していることを話していた。

この石けんは、天然成分ミネラルと炭が主成分で、職人が70日間をかけて手作りしているという商品。同メーカーの滝口玲子社長は「あまりCMとか打たない会社でしたが、浅田さんとのご縁で、この度、(宣伝用の)ポスターなどに登場していただきました」とコメント。今後の展開に使用する広告ビジュアルを発表していた。

▼ 広告イメージを確認する、浅田真央



▼ 「石けんの泡をイメージしました」と白のドレスで登場



▼ 洗顔石けん「アルソア クイーンシルバー」をアピール



▼ 手の平を逆さにし、泡のきめ細やかさを伝えた



▼ 同社がある山梨県で、農業体験もした



▼ 畑でトラクターも操ったという



■関連リンク
ARSOA アルソア - 公式サイト