●尻取

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©川岸殴魚・小学館/人生製作委員会
<キャスト>
赤松勇樹:内匠靖明
遠藤梨乃:新田ひより
九条ふみ:豊田萌絵
鈴木いくみ:諏訪彩花
村上絵美:大西沙織
二階堂彩香:前田玲奈
ウズラ:優那
浅野浩太:森久保祥太郎
志乃:渕上舞
くみ:原田ひとみ
よしたか:菅沼久義
九条玄蓄:柴田秀勝
白河香織:内田真礼

●ストーリー
九文学園第二新聞部に所属する赤松勇樹は、
入部早々に部長の二階堂彩香から、人生相談コーナーの担当を命じられる。
生徒たちから寄せられた悩みに答えるのは、
理系女子の遠藤梨乃。
文系女子の九条ふみ。
体育会系の鈴木いくみの三人。

三者三様の意見はいつもまとまらずに、とりあえず実践してみることになるのだが……。
友達、恋愛、勉強、性癖、将来のこと……。
あなたのありふれた悩みにバッチリお答え!
●オープニング
二階堂彩香「勇樹は普通だね。私は勇樹が普通な事、すごく評価しているの。普通である事って素晴らしい事じゃない?」

一見、二階堂彩香に褒められている赤松勇樹ですが…。

二階堂彩香「この普通さって駄目な普通さだと思うの。」

彼が用意した文化祭の第二新聞部の企画が普通過ぎて駄目みたいです。それにしても、

二階堂彩香、パ○ティ丸出しじゃないか!

※このパ○モ○、普通じゃなくて良い!
●最初の人生相談
依頼者 赤松勇樹「文化祭の企画に困っています。みんなの意見を聞かせて下さい。」

鈴木いくみ「はいはいはいっ!」

勢いがある鈴木いくみの意見は、

鈴木いくみ「うま○棒を拾ってきて1本10円で売る!ボロ儲けだよ!」
赤松勇樹「はあ…。」

突っ込み所があり過ぎてコメントのしようがありません。そもそもうま○棒を何処で拾ってくるのかというのと、仮にそれが出来たとして市価と同額程度で販売しても買う人がいるのかは疑問ですね。

赤松勇樹「とりあえず自由なアイデアを出していこうよ。」
鈴木いくみ「はいはいはいっ!お化け屋敷!」

彼女の考えているお化け屋敷は怖がりな彼女でも平気な「甘口の激辛カレー的なお化け屋敷」だそうです。

遠藤梨乃「車のバッテリーを使ってレールガンを作る!」
九条ふみ「土方歳三展が良いと思います。」

鈴木いくみ「プロティン飲み放題の店!」
九条ふみ「自作の兵馬俑を…。」
遠藤梨乃「自作の催涙ガスを!」


※それにしても遠藤梨乃の考える企画は危険物だらけですね!

これ以外にも色々アイデアは出たものの…。

九条ふみ「私の家に伝わる良いアイデア出しの技法があります!」

おっぱ○の谷間から出した巻物に書かれたアイデアを延々と読み上げるも…。

※キリが無いので打ち切り!
●2つ目の人生相談
依頼者 伊藤孝之「この世は生まれつき決まっている事が多すぎです。親の年収やコネ、運動神経なんかも生まれつき決まっています。人生負け組の僕はこれからどうしたらいいでしょうか?」

遠藤梨乃「理系に進むべし!」
九条ふみ「愛です。」
鈴木いくみ「プロティンを飲め!」


典型的な理系・文系・体育会系の回答ですが、

赤松勇樹「リアル人生ゲームってどうかな?」

これまでの人生相談を生かして人生ゲームを作って文化祭に出すというもの。何だか面白そうですが、

九条ふみ「世知辛い人生になってしまいましたね。」

※人生相談に来る方なので基本的に何か悩みがあるわけなのでで…。

一応完成した人生ゲームを二階堂彩香に店に来たものの、

二階堂彩香「絶対に許せない!」
●生徒会長、白河香織!
白河香織は生徒会長。彼女のおかげで不登校の生徒が減ったのですが、その方法が系列校に転校させるという荒業!

※二階堂彩香が憤慨するのも理解出来ます。あっ、そうそう。リアル人生ゲームの製作許可は出ました。

そのリアル人生ゲームに使用する絵ですが、

遠藤梨乃:何かの幾何学模様?
九条ふみ:三国志っぽい?
鈴木いくみ:抽象画?


※特に鈴木いくみの絵はあまりにも下手過ぎて意味不明です!
●3つ目の人生相談
依頼者 P.N.柴犬大好き「口下手で困ってます。(以下略)」

遠藤梨乃「お世辞など必要ない。」
九条ふみ「いいところを探して見ましょう。」
鈴木いくみ「サンドバックに向かってほめまくれ!」


そこでお世辞の練習をするため「お世辞しりとりゲーム」をする事に!

九条ふみ「いくみさん、とっても可愛いで。」
鈴木いくみ「本当、嬉しいなあ。」
鈴木いくみ「ごく綺麗な。」
遠藤梨乃「えっ!綺麗かな?事な胸!」
九条ふみ「それ、すごく気にしてるんですけど…。のように愛くるし!」
鈴木いくみ「本当に!を投げてこな。」


※「石を投げてこない」が褒め言葉なんでしょうか?

遠藤梨乃「ンフレーション宇宙のような胸の膨ら。」
九条ふみ「梨乃さん胸ばっかり!んなを明るい気持ちにさせてくれ。」
鈴木いくみ「ビーを投げてこな。」
遠藤梨乃「タチザメのように食べ物を選ばない健康な。」
九条ふみ「とでも仲良く出来。」
鈴木いくみ「守番している子供でも超頑張れば食べられ!」


※鈴木いくみ、もはや意味不明です。

遠藤梨乃「人猿なら超頑張れば食べられ!」
九条ふみ「ルームシェアで超頑張れば一緒に暮らせる!」
鈴木いくみ「守番電話を投げてこな!」


※「こなる」とは?

こんなのが延々と続きますが…。結局、鈴木いくみが負けという事になります。
●村上絵美、再登場!
リアル人生ゲームのデザイン依頼をするために美術部へ行く一同。ちなみに美術部の村上絵美は過去の人生相談依頼者でもあります。

九条ふみ「その後、部員はどうなったのですか?」
村上絵美「部長が辞めて移籍したの、漫画部に。」


鈴木いくみ「やあやあ、はじめまして。髪、長くて綺麗だね!」

その後も無理矢理しりとりを継続する鈴木いくみですが、

村上絵美「もしかして分かっている人?」

彼女が描いた「大海原(真っ赤)」を見て、

鈴木いくみ「手描きだね!」

間違いではありません。しかも次に描いて欲しいテーマが、

鈴木いくみ「○ば焼さ○太郎。」
村上絵美「全裸になって!」

そこで鈴木いくみが服を脱ごうとするも、九条ふみに咎められます。

村上絵美「モデルがいないなら私が脱げば良い!」

と彼女自身が服を脱ごうとします。この時点でブ○ジャーが見えてしまいますが…。ギリギリセーフ!

「人生」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「人生」第7話「コガネンになる、なるんだ!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「人生」第6話「ムッツリス○ベの女の子が炎上して、アダ○トアニメと会話するもコガネンはニ○ト!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「人生」第5話「人生相談対決はラブ○テルの逆バンジーのうえ、おっぱ○ポ○リなバーベキュー!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「人生」第4話「しかみ顔でフラグを立てて女子のおっぱ○や(ヒャッホー)をガン見!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「人生」第3話「自信が無いときには説得して助けてもらう!」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「人生」TVアニメ公式Webサイト
「人生」AT-X公式Webサイト