●三匹を斬る ―後編―

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
© タカヒロ・田代哲也/スクウェアエニックス・「アカメが斬る!」製作委員会
<キャスト>
アカメ:雨宮天
タツミ:斉藤壮馬
マイン:田村ゆかり
レオーネ:浅川悠
シェーレ:能登麻美子
ラバック:松岡禎丞
ブラート:小西克幸
ナジェンダ:水野理紗
エスデス:明坂聡美
イエヤス:高橋孝治
サヨ:小松未可子
アリア:佐藤奏美
首斬りザンク:鶴岡聡
クロメ:大橋彩香
セリュー・ユビキタス:花澤香菜
リヴァ:中田譲治
ニャウ:生天目仁美
ダイダラ:勝杏里

●ストーリー
人が次第に朽ちゆくように国もいずれは滅びゆく────
千年栄えた帝都すらも今や腐敗し生き地獄
人の形の魑魅魍魎が我が者顔で跋扈する
天が裁けぬその悪を闇の中で始末する
我等全員、殺し屋稼業────。
帝歴 1024年。
帝国の圧政によって苦しむとある村の少年剣士・タツミは、村を救う希望とお守りを胸に、幼馴染みと共に帝都へ出稼ぎに出発する。
道中、夜盗の襲撃に遭い散り散りになりながらも、たった1人帝都に辿り着いたタツミを待ち受けていたのは、絶句するほどに腐敗しきった帝都の真の姿だった。
「最近、帝都の重役や富裕層の人間を狙う恐るべき殺し屋集団がいる。」
一方でそういった噂を耳にしたタツミは、身をよせた貴族の家で闇夜に潜む彼らの存在に気がつく。
殺し屋集団────── ナイトレイドたちの存在に。
●オープニング
三獣士・リヴァ、彼はかつてブラートの上官であった人物。

ブラート「味方ならば酒でも交わすところだが、敵として現れたら斬る!」

出来れば敵として出会いたくなかった2人、戦えばどちらかが確実に死。
●猛毒
リヴァ「帝具・ブラックマリン!」

リヴァの帝具は水を操るもの。ブラートも何とか防ぎますが、

ニャウ「僕も援護するか!」

タツミがニャウと対峙!ニャウは既に負傷しているはずですが、それでもタツミと互角以上。

その間、リヴァは船の上である事を利用して圧倒的に優位な状態。とはいえグラートの反撃で全員が手負いの状態になってしまい帝具が使えない状態。

帝具無しの白兵戦となり、リヴァを殺害したものの彼の奥の手の猛毒により瀕死のグラートですが…。
●グラートの死
グラート「まだ戦いは終わってない!」

まだ戦場には三獣士・ニャウがいます。そのニャウは帝具によって巨大化。

グラート「帝具・インクルシオを受け取れ!」

グラートは死の間際、タツミに帝具・インクルシオを譲ります。そして帝具はタツミを使い手と認めたようです。

それによってタツミはニャウを倒す事に成功。しかし…。

グラート「どこまでも駆け抜けていけよ。見守っているよ…。」

そのままグラートは静かに息を引き取ります。
●クロメ
さて、アカメによく似た少女クロメ。彼女は以前もアカメの回想シーンに登場しましたが、クロメはアカメの妹。

次回からはいよいよクロメの出番?

「アカメが斬る!」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「アカメが斬る!」第7話「三獣士」(ネタばれ注意)
【アニメ】「アカメが斬る!」第6話「シェーレの死」(ネタばれ注意)
【アニメ】「アカメが斬る!」第5話「ドジっ娘シェーレ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「アカメが斬る!」第4話「死によって訪れた平穏」(ネタばれ注意)
【アニメ】「アカメが斬る!」第3話「マイン、タツミを認める!」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「アカメが斬る!」TVアニメ公式Webサイト
「アカメが斬る!」AT-X公式Webサイト