「ドライブインシアター浜松」/画像はMotionGalleryより

写真拡大

駐車所に巨大なスクリーンを設置し、車に乗ったまま映画を鑑賞できる映画上映施設・ドライブインシアターが、静岡県・浜松市にある遊園地・浜名湖パルパルの駐車場内特設会場で開催されることがわかった。

10月16日(木)から18日(土)までの3日間にわたって、2014年公開のラブストーリー『エターナル・サンシャイン』や、原作・監督を湯浅政明さん、押井守さんが監修を務めた短編アニメーション映画『キックハート』など、秋の夜にふさわしいロマンチックなタイトルや、ワクワクドキドキするようなタイトルが上映される。

2010年を最後に消滅した文化が今復活…!





自動車に乗りながら、家族全員で映画を観に行けることから、主に米国で流行していたドライブインシアター。国内でも1980年代から1990年代頃には、全国で20ヶ所程あり、流行していた時代があった。しかしレンタルビデオや複合映画館・シネマコンプレックスの普及、時間帯、開催場所の制限等の理由から徐々に衰退。

2010年10月に営業を終了したドライブインシアター大磯を最後に、国内でドライブインシアターを楽しむことはできなくなった。

イメージ/画像はMotionGalleryより

イメージ/画像はMotionGalleryより



今回の浜松でのイベントでは、そんな今はなきドライブインシアターを3日間だけ再現するために開催。音声は車載FMラジオを使ってカーステレオで楽しむという。

スズキやYAMAHAが拠点を置き、HONDAの創設者、本田宗一郎さんの出生の地でもある浜松市、その中でも浜名湖に面した浜名湖パルパルの駐車場を舞台に、秋風に吹かれながらセンチメンタルな一夜を過ごす。

現在「ドライブインシアター浜松」は、クラウドファンディングサービス・MotionGalleryで支援金を募っている。集まった支援金は、運営予算に割り当てられる。