『神様はバリにいる』 ©2014「神様はバリにいる」フィルムパートナーズ

写真拡大

堤真一の主演映画『神様はバリにいる』が、2015年新春に東京・新宿のバルト9ほか全国で公開される。

【もっと大きな写真を見る】

クロイワ・ショウによるハウツー本『出稼げば大富豪』を原案にした同作。バリ島を舞台に、胡散臭そうな風貌ながら現地の人々から慕われる「アニキ」のもとで、婚活ビジネスに失敗した元起業家、眼科医、婚活中の男など人生を変えたい人々が、金持ちになるための人生哲学を学ぶ様を描く。

実在する関西弁の自称「爽やか」な大富豪・アニキ役を演じるのは堤真一。借金を背負い、失意の中訪れたバリ島でアニキに出会う祥子役を尾野真千子、アニキを尊敬する謎の眼科医リュウ役を玉木宏、祥子が経営していた会社の客で婚活中の男・杉田役を映画初出演のナオト・インティライミが演じる。監督は、『デトロイト・メタル・シティ』『幕末高校生』の李闘士男。

【堤真一のコメント】
日々忙しい日本人が忘れがちな、“どんな些細な事にも意味があり何事にも感謝を示す ”という、古き良き日本にも似たバリ島の教えがこの脚本にはあり、作品を通して伝えられたらいいなと思います。バリ島ならではの撮影時の空気を、お客さんに感じてもらえると嬉しいです。

【ナオト・インティライミのコメント】
自分にとって初めての、「お芝居」という新しい世界。こんなにも難しく、こんなにも奥深い、でも、とんでもなく刺激的でスリリング。その魅力に、その快感にとりつかれてしまったようであります。これからもいろんな役に挑戦していきたいと思います。

【李闘士男監督のコメント】
日本人が失ってきた大切なものが発見出来ると思います。鬱陶しいほどの人との繋がり、懐かしい原風景...。心の中をバリの風が洗い流してくれて救われたような気分になります。