冷蔵保存のランチパックは初めて

写真拡大

ローソンは2014年8月26日、山崎製パンと共同で開発した、冷やして食べる「ランチパック」<カスタードホイップとあずきホイップ><パンプキンサラダとごぼうサラダ>の2種を発売する。

いずれも約2年の開発期間を経て完成した。1984年の「ランチパック」発売以来、冷蔵の商品を販売するのは初めてとのこと。

<カスタードホイップとあずきホイップ>は、北海道産の小豆を氷砂糖で炊いた粒あんと、甘さ控えめのカスタードクリームに生クリームがあわさったスイーツのようなサンド。

<パンプキンサラダとごぼうサラダ>は、自然な甘みがゆたかなかぼちゃサラダと、ごぼうとにんじんのシャキシャキした食感を楽しめるごぼうサラダの組み合わせ。

常温では使用できなかった生クリームや、野菜の食感が残ったサラダ。品質保持のための塩分や糖分を抑えられており、素材本来の味が楽しめる。

どちらも税込み185円。

沖縄県を除く全国のローソンで購入できる。