「30歳ニートが人生詰んだので作ったゲーム」を発売

写真拡大

いわゆる「ニート」と呼ばれる、失業などで職を持たない若者らが集まって設立したNEET株式会社は、ニートキャラクターの新商品ボードゲーム「30歳ニートが人生詰んだので作ったゲーム」を2014年8月に発売した。価格は3400円(税込・送料込)。

はじめての方でもニートのどんぶり勘定でプレイできる

人生ゲームをモチーフにした6人までの「概ねニート専用ボードゲーム」という。「何気ないニートの人生」を描いたゲームで、プレイヤーはニートとなり、ニートな生き方を貫くのだそうだ。

1組のデッキを共有して、2人からプレイできる。基本は順番にサイコロをふって進むすごろくだが、様々な効果をもつカードを手札としてもち、使うことができる。このカードの使い方が勝負の鍵だそうだ。プレイ時間は60分〜90分。

ターゲットはアナログゲームが好きな10代後半から40代までのニート及びニートに興味がある男女。同社では、「ルールは単純で、はじめての方でもニートのどんぶり勘定でプレイできます」「日本国内での企画、生産を行う日本製商品です」などとアピールしている。