スイスのウェアラブルイス「Chairolution」

写真拡大

腰掛ける姿勢や、スクワットなどをずっと続けることができる、「外骨格」型ウェアラブル装置「Chairolution」を動画で紹介。作動させていないときは普通に歩くことができる。

「スイスのウェアラブルイス「Chairolution」」の写真・リンク付きの記事はこちら

スイスのNoonee社は、椅子がなくても「腰掛ける」ことができるというウェアラブル装置「Chairolution」を発表した。

チューリッヒ工科大学(ETHZ)のバイオ・インスパイアード・ロボティクス研究所による研究成果に基づくメカトロニクス技術を駆使した、軽くてエネルギー効率が高い装置が下肢を支援する。

作動させていないときは、普通に歩いたり走ったりすることできる。スイッチを入れると、ポータブルな可変ダンパーが装着者の体重を引き受け、脚の筋肉と関節にかかる負担を軽減する。どんな姿勢でも作動させることができ、スクワットの状態を果てしなく続けることも可能だという。

Chariolutionは、体重が集中する靴のかかとの部分に取り付ける。誤解がないように言うと、脚力を強くするわけではない。下肢の筋肉をサポートするだけだ。

酒場で席が見つからないときのためだけに開発されたわけではない。主には、労働者の脚にかかる負担の軽減に使うことが考えられている。

Noonee社は、この技術は工場労働者向けに開発されたが、今後はリハビリや理学療法などの分野でも活用したいと話している。

TAG

ExoskeletonFactoryMedicalRobotVideoWiredUK