エマニュエル・ムホーが手掛ける介護老人施設 - カラフルなシャボン玉をイメージ

写真拡大

東京在住のフランス人建築家・デザイナーのエマニュエル・ムホーが、埼玉県川越市の介護老人福祉施設「真寿園」のインテリアデザインを手掛けた。

[ この記事の画像をもっと見る ]

「真寿園」は、指定介護老人福祉サービスを行う施設。居心地のよい施設の提供や、デイサービス、居宅介護も含めた総合的なケアサービスで、高齢者を支援している。今回は、入居者が家族との会話をより楽しみ、くつろげる憩いの場を提供するため、地域交流スペースと食堂をリニューアルした。

天井には、15色225個のシャボン玉のような球体からなる45個のモビールが吊るされている。屋内に居ながらも緑と空、動く風を感じ、時を忘れさせるかのようだ。地域交流スペースのラウンジには、グリーンのグラデーションのチェアが、食堂にはブルーのグラデーションのチェアが配置され、カラフルで色鮮やかなエマニュエルらしい世界観が広がる。人々が自然に集まり、ゆったりと過ごすことができる素敵な空間が完成した。

【施設概要】
介護老人福祉施設 真寿園
住所:埼玉県川越市安比奈新田292-1