いずこねこ

写真拡大

いずこねこ主演の映画『世界の終わりのいずこねこ』の追加キャストが発表された。

【もっと大きな写真を見る】

8月31日のライブをもって活動を終了するアイドル・いずこねこ。活動終了の決定前から計画されていたという主演映画制作プロジェクトでは、クラウドファンディングによって約460万円の資金を集めた。

同作では、いずこねこが1人2役に挑戦。夢や希望を歌うアイドルが存在しない世界を舞台に、歌とパフォーマンスをネット配信している少女・イツ子のもとに木星から使者が現れ、地球への隕石衝突が迫る中で「いずこねこ」と出会うというストーリーだ。これまでに、原案と音楽をいずこねこのプロデューサーであるサクライケンタ、監督・脚本を竹内道宏、共同脚本を漫画家・西島大介がそれぞれ担当するほか、いずこねこに加え、イツ子の担任・ミイケ先生役の西島大介、木星のアイドルユニット「レイニー×アイロニー」のシンガー・レイニー役の緑川百々子の出演が明らかになっていた。

今回発表されたキャストは、イツ子の親友・スウ子役の蒼波純、レイニーの相方・アイロニー役を演じる駅南いちごぱんつの永井亜子、保健の先生でイツ子の配信の隠れファンであるヤマト先生役の小明、イツ子のママ役の宍戸留美、パパ役のいまおかしんじ。撮影は8月20日から行われており、10月中に完成予定だという。公開は、『シブカル祭。』の一環として10月24日に開催される東京・渋谷の2.5Dでの先行上映会を皮切りに、順次全国で行われるとのこと。