蒼波純さん/画像は「TOP COAT」公式Webサイトより

写真拡大

8月31日(日)のライブをもって活動休止することが決まっているソロアイドルのいずこねこさん主演の映画『世界の終わりのいずこねこ』のメインキャストが発表された。

主演のいずこねこさん演じるイツ子の親友・スウ子役に、講談社が主催するオーディション「ミスiD2014」でグランプリを獲得した新人女優の蒼波純さん。

現在選考中の「ミスiD2015」で一番人気の緑川百々子さん演じるレイニーとの木星人ユニットの相方・アイロニー役に、新潟美少女図鑑やツインテール協会のモデルをつとめ、アイドルユニット・駅南いちごぱんつとしても活動中の永井亜子さんが決定した。

本作は、10月中に完成予定となっており、10月24日(金)に「シブカル祭。2014」内のイベントとして、渋谷にあるソーシャルTV局・2.5Dで先行上映会が行われる。そのほか、都内や地方でのイベント上映や、全国で順次上映されていく。

永井亜子さん/画像は「コレットプロモーション」公式Webサイトより

永井亜子さん/画像は「コレットプロモーション」公式Webサイトより



小明、宍戸留美、いまおかしんじも出演!


いずこねこさん

いずこねこさん



5月にクラウドファンディング・CAMPFIREで制作資金を募っていた本作。プロジェクトが公開されるなり、瞬く間に話題を呼び、あっという間に460万円強もの支援金を集めた。

今回、前述の蒼波純さんと永井亜子さんに加え、ヤマト先生役にはフリーアイドルにしてライターとしても活躍する小明さん、ママ役には元祖フリーアイドルにして声優・カメラマンと幅広く活躍する宍戸留美さん、パパ役に映画監督であり『苦役列車』の脚本でも知られるいまおかしんじさんが発表された。

本作は、原案・音楽をいずこねこ・茉里さんのプロデュースを手がけるサクライケンタさんが担当。茉里さんとサクライさんが二人三脚で歩んできたいずこねこ最後のプロジェクトとしても注目を集めている。

いずこねこさん、蒼波純さん、緑川百々子さんの3人は、アイドルDVDマガジン『IDOL NEWSING vol.1』のカバーモデルにも選出されている。

関連記事


いずこねこ、活動休止を発表。最後は主演映画でサクライケンタとタッグ