最終日にしてやっと天候が回復し、晴れ間が顔を出したパンパシフィック選手権。この日、日本チームの主役は17歳の渡部香生子だった。

午前中の予選では、最初の種目の200m個人メドレーで、2分11秒74の3位で通過。これは自身が持つ日本記録(2分10秒65)に1秒09遅れるだけの記録だった。

 その後の200m平泳ぎは、第2組で隣を泳ぐ13年世界選手権3位のミチャ・ローレンス(アメリカ)を130m過ぎから離し始め、最後も余裕を残してゴール。ローレンスに1秒26差をつける2分23秒44だった。そして、第1組で1位になった金藤理絵に次ぐ2位でA決勝進出を果たした。

 夕方からの決勝はその個人2種目に加え、メドレーリレーにも出場して1時間強で3レースを泳ぐハードスケジュールだった。

 最初の決勝種目は200m個人メドレー。前半のバタフライと背泳ぎでつけられた差を得意の平泳ぎで詰めきれず、最後の自由形では若干追い上げたものの、0秒49届かない2分11秒16の4位でゴールをした。

「自己記録に近い2分10秒台を出したかったけど、この寒さの中、屋外プールで2分11秒台はかなりの収穫だったと思います」と語った渡部は、次の200m平泳ぎでイメージ通りの泳ぎをした。

「レースは後半勝負になると思っていたので、そのためには前半からしっかり積極的に行って、いい位置につけておかなければと考えていました」

 最初の50mを予選と同じ16ストロークで入り、通過タイムは32秒92で予選より0秒18速かった。100mまでは2レーンのローレンスやテイラー・マッケオン(オーストラリア)が飛ばす中で少し抑え、1分09秒04で3位通過。その後は150mまでにローレンスをかわして、マッケオンに0秒19差まで追い上げると、ラスト50mを全選手最速の36秒05で泳ぎ、2位に上がってきた金藤を0秒49差抑える冷静なレースをした。結果、2分21秒41で初優勝を果たしたのだ。

 しかし、この金メダルの前には悔しいレースも経験していた。

 大会2日目に行なわれた100m平泳ぎでは、スタートのブザーが鳴る 直前に重心が後ろに下がってしまい、リアクションタイム最下位でスタート。50mではトップのジェシカ・ハーディ(アメリカ・2013年世界選手権3位) に0秒81差の4位通過。そこから強烈な追い上げをみせたものの、ハーディに0秒04届かない2位だった。

 レース後渡部は、「スタートもそうだけど、前半の泳ぎは急いでしまう感じになって......。これが国際大会なんだというのを、改めて感じました」と振り返り、獲れるはずの金メダルを逃してしまったことを悔やんだ。

 そして、その悔しさを晴らすためにも最終日の200m平泳ぎ、個人メドレーでは頑張りたいと渡部は話していたのだ。

  念願の金メダルを獲得した30分後にはメドレーリレーにも出場したが、表彰式を終えてから駆けつける慌ただしい中で、引継ぎタイムの差を考慮に入れても2 日目の100m決勝の1分06秒78とさほど変わらない1分06秒39で泳ぎ、4位に終わった日本チームを一度は3位にあげる意地の泳ぎを見せた。

「す ごくきついスケジュールになっていたので不安なところもあったけど、竹村(吉昭)コーチにも『今までこのために練習をしてきたのだから』と話をされて、一 本一本をしっかり自信を持って臨もうと思いました。それに今回は自分で『勝ちたい』と思ってプレッシャーもかなり感じていたけど、レース前にロンドン五輪 や五輪選考会のことを思い出して、『あれと比べれば、自分でそれほど重く受け止めるほどではない』と思って」

 国際大会での金メダル獲得で、表彰台の上ではしみじみと嬉しさを感じていたと恥ずかしそうに微笑んで話す渡部だったが、「金メダルは獲れたけど、 やっぱり世界になるとレベルも全然違うので......。ここで満足せずに、これからも努力しながらやっていこうと強く思いました」とこの先を見据えて表情を引き 締めた。

 100mの銀メダル、200m金メダルともに今季世界ランキング2位の記録だっただけでなく、勝負という面でも、今後上位のヨーロッパ勢と戦っていく上でも、足場を固められた大会だったと言える。 

 一方、この日の日本チームは渡部以外も活躍をした。

  男子200m個人メドレーで、「世界で勝つためには前半から積極的に行かなくてはいけない。その意味でも前半の100mを54秒15でいけたのは収穫」と 話す萩野公介が、復帰してきたマイケル・フェルプス(アメリカ)の強烈な追い上げを0秒02かわして優勝し、瀬戸大也も3位に食い込んだ。

  さらに男子200m平泳ぎでは、「150mからはすごくきつくなってアメリカの選手が追い上げてくるのが見えていた」と苦笑する小関也朱篤(こせき やすひろ)が、前半の積極的な泳ぎを貯金に、2分08秒57で優勝して100mとの2冠獲得を果たし、小日向一輝が銅メダルを獲得。

 日本チームは金7、銀8、銅4で合計19個のメダルを獲得して大会を終了した。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi