子宮外妊娠で胎児が体内で死亡 → 36年後にインド女性の体内から摘出

ざっくり言うと

  • 英紙は22日、60代女性の体内から36年前の胎児が摘出されたと報道した
  • 医学研究所で診察を受けたところ「胎児の遺骨が残っている」事が判明
  • 彼女は世界で、子宮外妊娠の持続期間が最も長い人とされている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング