23日放送の「キョートリアル!コンニチ的チュートリアル」(京都放送)で、チュートリアルの徳井義実が、9月末に終了するバラエティー番組「テラスハウス」(フジテレビ系)に対するやらせの指摘について、持論を展開した。

「テラスハウス」は男女6人が共同生活を送る模様に密着する番組で、徳井はスタジオキャストとして出演している。

徳井は、「テラスハウス」の終了について「残念なんです。ホントに楽しくて」と残念がったが、「すごく視聴率をとってたというわけでもないから」と、番組終了について一定の理解を示した。

また、「テラスハウス」に対するやらせの指摘については、「『やらせ』っていう言葉って、本当の『やらせ』とは何なのかっていうものを分かってる人が使わないと。その辺をよく分からない人が『やらせ』という言葉を使うと、凄く間違った風に捉えられるから」と、持論を展開。

相方の福田充徳が「それ(やらせ)無かったら、テレビなんか番組できへんからな。『やらせ』ていうか演出や」と述べると、徳井は「うん、演出」と返すなど、番組での「演出」を「やらせ」と指摘することは、誤解を招くとの立場を示している。

また、徳井は「テラスハウス『こういう風にしたほうがええんちゃう?』とかもないねん」「スタッフが『あの子とご飯とか行った方がええんちゃう?』とか、そんなんもないよ」と、番組スタッフからテラスハウスメンバーに対する介入や指示もないのだと主張。

他方で、「ただ、映像は撮らなあかんから。何も知らんと、勝手にささってどっか行かれたら、撮られへんから」「撮らなあかんから事前にそれを知ってるというだけの話しで」「『このベンチで座ります』っていうのは分かってて、そこにカメラを置いて撮るわけやから」と、テレビ番組として成立させるために、スタッフが事前にテラスハウスメンバーの動向を把握していることはあるのだと説明している。

【関連記事】
山里亮太、テラスハウス住人の批判で盛り上がり自己嫌悪「俺さ、ブスなのかな」
チュートリアル・徳井義実、グラビアアイドルになりすました女との恐怖体験を語る
カラオケで自信満々の今井華が広瀬香美にダメ出しされ、歌のレッスンを受ける