USJから香水まで…『進撃の巨人』の快“進撃”が止まらない!
 新人作家の連載デビュー作でありながら、シリーズ累計4000万部(2014年8月現在)を突破した漫画『進撃の巨人』(諫山創=いさやまはじめ=著、『別冊少年マガジン』連載)。まさに快“進撃”とも呼べる勢いですが、その人気は漫画だけにとどまりません。

 TVアニメに次いで、今年の冬には劇場版アニメの上映が決定。さらに2015年夏には実写映画が公開される予定で、三浦春馬、水原希子、石原さとみ、といった豪華キャスト陣が大きな話題となっているのが『進撃の巨人』なのです。

 これだけでなく、『進撃の巨人』の世界を体感できるイベントの開催や、コラボグッズも続々と発表されています。そこで今回は、キャラクターの個性を彩ったフレグランスから各種イベントまで、ファンにはたまらない情報をまとめてみました。

◆女性にも大人気!『進撃の巨人』がフレグランスに

⇒【画像】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=128690

 まず、『進撃の巨人』の女性人気をうかがわせるのがこちら。500本売れれば“大ヒット”と言われるキャラクター香水で、累計出荷本数が1万本を突破した「進撃の巨人 フレグランス」です。

 第1弾はエレン、ミカサ、リヴァイの3種類だったので、なんだかちょっと物足りない……という人もいたと思いますが、先日発売された第2弾ではアルミン、ジャン、ハンジ、エルヴィンの全4種が加わっていよいよ7種類に!

 調査兵団の紋章をあしらった、大人っぽいデザインのボトルがなんともおしゃれ。キャラクターそれぞれの性格やエピソードをもとに、そのイメージを丁寧に表した香りで大人気に。

※「進撃の巨人 アロマ フレグランス」公式サイト
http://koubutsu-ya.com/singeki/

◆ジャケットを着て「調査兵団」の一員に!

 暦の上では「処暑」と呼ばれ、夏の暑さも和らいでくる季節……のはずなんですが、まだまだうだるような暑さの日が続いてイヤになっちゃいますね。そうは言ってもそろそろ秋冬コーデを考えなきゃ、なんて人にはこちらのジャケット。

⇒【画像】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=129131

「調査兵団」のジャケットを、丈の長さまでほとんど忠実に再現していて、「肌寒くなってきたな……」と感じるこれからの季節にぴったり。落ち着いた色も秋らしいですね。今年は「兵団ジャケット」ブームがくる!?

◆限定「梅酒」で故郷の味を堪能!

 原作者・諫山創氏の故郷、大分県日田市大山町。九州でも有数の梅産地で、作者の実家も梅の栽培農家なんだとか。

⇒【画像】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=128735

 そんな地元の「おおやま夢工房」と『進撃の巨人』がコラボして誕生した梅酒がこちら。“ウォール・オオヤマ産”の梅を使用していて、なんと作者のお母さんが作った梅も原材料として使われているそうです。

 壁のような山々に囲まれた大山町は『進撃の巨人』の舞台そのもので、そこで作られた梅酒を味わうのもまた一興。お酒はニガテ……という人には、ノンアルコールの「梅飲料」もあります。

※おおやま夢工房 梅酒通販サイト『梅酒専門蔵』
http://www.shop.hibikinosato.co.jp/umesyu/shingeki.html

◆ウォール・チチブを調査せよ!「進撃の西武鉄道」

⇒【画像】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=128792

 主人公のエレン、ミカサ、リヴァイと一緒に調査へと出かけることができるイベントがこちら。西武鉄道とのコラボ企画「進撃の西武鉄道」は、8月6日(水)から11月5日(水)まで開催されています。

 西武線の池袋駅・接続駅からスタートし、電車に乗っていざ“ウォール・チチブ”へ!実際は、スマホを使ったスタンプラリーになっていて、秩父に行けば必ずもらえる「限定コラボグッズ」のプレゼントも。