涙止まらず…日本文理の異端児

ざっくり言うと

  • 24日、全国高校野球の準決勝で日本文理が5−0で三重に敗れた
  • 「最後の夏に自分は何もできなかった」と、日本文理の片岡が涙を流した
  • 異例の抜擢でたどり着いた甲子園で、仲間の支えに応えたかったと語る

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング