<ファンケルクラシック 最終日◇24日◇裾野カンツリー倶楽部(6,911ヤード・パー72)>
 国内シニアツアー屈指のビッグトーナメント「ファンケルクラシック」の最終日。大混戦となった今大会を制したのはトータル7アンダーまでスコアを伸ばした羽川豊。昨年の大逆転優勝に続き、今年は逃げ切りで大会連覇を達成した。2打差の2位タイにはPGA会長の倉本昌弘ら4選手が並び、さらに1打差の6位タイには室田淳ら3選手が入った。
「ファンケルクラシック」結果はリーダーボードでチェック!
 以下に主な選手のコメントを掲載する。

○倉本昌弘(トータル5アンダー2位タイ)
「(最終ホールイーグルチャンス)最後は4、5メートル。セカンドは残り220ヤード、UT3番で打った。きっちり当たれば大きいので、クラブを短く持ってラインを出して打った。パットは真っ直ぐのラインで、打った時にはど真ん中から行ったと思ったけど、50センチ手前で左に跳ねてしまった。しょうがない…これだけ入らないと仕方ないね」。
○高見和宏(トータル5アンダー2位タイ)
「(14番ダブルボギー)セカンドで5番アイアンを持ったが、風が止んで大きいかなと思って打ったらダフってしまった。慣れてないのかな…アプローチの時に真後ろにカメラマンがいて、気になって集中しきれないまま打ってしまった。先行していたのにびびっちゃいましたかね。良い展開だったのに…2人は入らずにイライラしていたので、16番まですんなり終われていたら…残念です。カップ欲しかったな…」。
○高橋勝成(トータル4アンダー6位タイ)
「ゴルフの調子が悪いのでスコアを作れない。優勝狙うよりもスコアを作りたかった。10番のロングで簡単にボギー。ああいうクセが取れない。グリーンオーバーしてしまった。距離感の悪さかな。判断できない。ネジの巻き具合がね。18番はバーディ獲らないと飯合さんがイーグルもあると思ったので、。それよりも自分でスコアを作りたかった。まずは賞金ランキングに入らないとね」。
○室田淳(トータル4アンダー6位タイ)
「何もない…こんなに入らないとね」。
<ゴルフ情報ALBA.Net>