自身初の優勝は次回に持越しとなった(撮影:米山聡明)

写真拡大

<CAT Ladies 2日目◇23日◇大箱根カントリークラブ(6,701ヤード・パー73)>
 神奈川県にある大箱根カントリークラブを舞台に開催された国内女子ツアー「CAT Ladies」最終日。単独首位からスタートした森田理香子は3バーディ・3ボギーとスコアを伸ばせず通算8アンダーの単独2位で大会を終えた。

 2位と3打差をつけて迎えた最終日。出だしの1番パー5で2オンに成功。3メートルのイーグルチャンスにつけるが、これを決めきれずバーディ。森田自身「ちゃんと打てなかった」と悔やむ1打は、同組の上田桃子に「私もイーグルパットをショートさせてしまったけど、理香子ちゃんもやっていたのでまだチャンスがあるな」と付け入る隙を与えてしまう。そして次の2番でアプローチを寄せきれずボギーとすると、バーディを重ねる上田の足音が徐々に迫ってくる。
 一度は追いつかれるも、再び上田と1打差で迎えたサンデーバックナイン。その出だしの10番でボギーを叩くと、12番で上田がバーディを奪いついに逆転を許す。追いつきたい森田は13番、パー5で2オンを狙うもグリーン左のラフへ。そこから放った3打目がグリーンを大きく越えギャラリーの中へ。するとそのボールがギャラリーの鞄の上へぽとり。これは救済ドロップで打ち直すも、寄せきれず4オン2パット。その後は15番でバーディを奪いって再び1打差とするも上がり3ホールで詰めきれず初の完全優勝は幻に終わった。
 ホールアウト後、森田の口から何度も出てくるのは“もったいなかった”という言葉。「自滅した感じだった」とパット、ショット共に悔いが残った。それさえなければ「もっと伸ばせた」という気持ちが強い。
 それでも久々に最終日最終組で回り単独2位になったことに「せっかくのチャンスは取れなかったけど流れは良くなってきている」と手応えを感じている。「これからも変わらず優勝を狙っていきます」という言葉を残し、会場を後にした。
<ゴルフ情報ALBA.Net>