投資情報会社・フィスコ(担当・村瀬智一氏)が、株式市場の8月18日〜8月22日の動きを振り返りつつ、8月25日〜8月29日の相場見通しを解説する。

 * * *
 先週の日経平均は上昇。前週からのリバウンドの流れが続く中、週後半には一時8月1日以来となる15600円を回復する局面をみせた。週末こそ利益確定の売りに反落となったが、日経平均は2013年12月17〜30日以来の9営業日続伸を記録した。

 カンザスシティー連銀経済シンポジウム(ジャクソンホール会合)でのイエレンFRB議長講演を見極めたいとする様子見ムードのなか、こう着感の強い相場展開が予想されていた。ロシアのプーチン大統領とウクライナのポロシェンコ大統領、それにEUの代表らが26日に会談することになったことから、停戦に向けた動きへの期待が高まる半面、26日の結果をみるまでは強気にもなりづらいところでもあった。さらに9月1日の米レイバーデーまで夏季休暇に入る投資家や市場関係者も多く、海外勢の資金流入が全般的に低調となるとみられていた

 しかし、日中こそ狭いレンジ取引が続いたものの、早期利上げ観測が後退している米国市場の上昇が追い風となり、日経平均は寄り付き段階で海外株高にサヤ寄せする格好でのギャップ・アップによるリバウンド基調が続いた。また、外部要因などの様子見材料がある一方、市場の関心は9月の内閣改造、臨時国会に向けた政策期待の高まりに向かった。参加者が限られ指値状況が薄い中を、断続的なインデックス買いによって指数を押し上げた格好のようだ。

 今週はジャクソンホール会合が通過することにより、アク抜け感が台頭する可能性がある。これまでジャクソンホールでの議長講演の時の米国株式市場は、6年連続で上昇しているようだが、一方で、肩透かしを警戒する向きのポジション調整につながった面もあろう。日経平均の連騰が9でストップしたとはいえ、7月末の戻り高値(15759.66円)が射程圏内に入るなか、イエレン議長講演の内容が嫌気されたとしても、目先の調整については押し目買いの好機との見方につながろう。

 また、ロシア・ウクライナ情勢については26日の首脳会談によって停戦に向けた動きが期待される半面、進展が見られなければ、改めて地政学リスクへの警戒感が嫌気される可能性がある。しかし、これについても、国内の材料に向かわせる格好になるため、より政策関連への物色が強まることになるだろう。今週については9月1日の米レイバーデーを控え、海外勢による資金流入は期待しづらいところである。そのため、基本的には今週同様、日経平均は狭いレンジ取引となる可能性が大きい。

 しかし、指値状況が薄いなかで、小さいエネルギーでもトレンドが出やすいことになる。9月の内閣改造を控えるなか、アベノミクスが加速するとの見方から、政策期待が高まりやすい。さらに順調なリバウンドをみせるなか、9月のメジャーSQ(9月12日)に向けた思惑的な動き。SQ前後にはアリババの上場が予定されているため、指数インパクトの大きいソフトバンク<9984>の動向にも引き続き関心が向かうことになる。9月相場への期待が売り込みづらくさせよう。

 経済イベントでは、25日に7月の米新築住宅販売、26日に8月の月例経済報告、28日に4-6月米GDP改定値、29日に8月のユーロ圏消費者物価指数、30日にEUが臨時首脳会議を開催する予定である。