小保方晴子氏日刊サイゾー

「STAP細胞騒動」で露呈したマスコミの限界「素人感覚で白黒をつけにかかった」

ざっくり言うと

  • 「STAP細胞騒動」で露呈したマスコミの限界について解説している
  • マスコミは論文を「学術界で確立したもの」と見る傾向があるが実際はちがう
  • 研究者でないマスコミに科学論争の決着はつけられないと筆者は指摘している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング