世界初、人工ラグーンの潮力発電は15万世帯をまかなう:英国で2018年建設予定

写真拡大

英国スウォンジー湾で、9.5kmにわたる防波堤を築いて人工ラグーンをつくり、大規模な潮力発電を行う計画が進展している。動画で紹介。

「世界初、人工ラグーンの潮力発電は15万世帯をまかなう:英国で2018年建設予定」の写真・リンク付きの記事はこちら

英国ウェールズ南部のスウォンジー湾に建設される人工ラグーンは、潮力発電によって155,000世帯以上に電力を供給できるようになるかもしれない。

スウォンジー湾では、満潮時と干潮時の水位差が最大10.5mになる。これは、世界で2番目に大きな潮差だ。人工ラグーンをつくることよって、この干満の差からエネルギーを取り出すことができる。

潮汐ラグーン(タイダル・ラグーン)では、湾の岸壁や海岸防衛のためにつくられる防波堤に似た、砂をコアとする防波堤を構築する。スウォンジー湾の人工ラグーンの場合は、9.5kmに渡って、湾を取り巻く堤防をつくる。この堤防の中に、すでに川の水力発電システムや、一部の防潮堰ですでに使われている水力タービンを多数埋め込む(動画参照)。

防波堤の外の海面が上がると、それが押しとどめられて、内と外の水位に差が生じる。水位差が十分な大きさになったら、「水門」を開き、ラグーンに流れ込む水流をタービンに通してエネルギーを得る。潮が引くときには、逆向きに同じことが起きる。つまり、エネルギーを得られるチャンスは1日に4回ある。

実現すれば、エネルギーを生み出す世界初の人工ラグーンになるだろう。そして、開発者たちを信じるならば、320MWのエネルギーが生産され、スウォンジー湾の周囲にある家庭の年間電気使用量の90%を120年間にわたって生み出せるかもしれない。

開発者グループは、ほかにサウスウェールズへの約5億ポンド(約860億円)の投資と、1,900人分の職がもたらされるとしている。

開発者たちは、英国が2020年までにエネルギーの15%を再生可能資源から得るという公約を達成するのに、この人工ラグーンが力になることを期待している。現在の再生可能エネルギーは、総電力のわずか5%だ。

スウォンジー湾の人工ラグーン計画は、2015年の早い時期に判断が行われる予定だ。計画にゴーサインが出れば、2018年までには建設され電力網に接続される見込みだ。

※世界各地で潮力発電が行われており、大規模な施設では87,000MW(ロシア)などもある。一覧はこちら

TAG

Clean EnergyEnergyTidalPowerVideoWiredUK