写真提供:マイナビニュース

写真拡大

全都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤は8月下旬より、「日本調剤 健康フェア 簡易血液検査イベント」を開始する。

○血糖値と脂質を簡易検査可能

同イベントは、希望者が自己採取した血液を薬局内で簡易検査する健康イベント。同社はこれまで「日本調剤 健康フェア」として、専門の測定機器により血管年齢・ストレス度を測定するイベントを毎月開催していた。このたび、4月に臨床検査技師法の一部が改正され厚生労働省のガイドラインに準拠した「検体測定室」を薬局内に設置することにより、薬局内で簡単な血液検査が実施できることになったことから、簡易血液検査を盛り込んだ新イベントを開始する。なお、現在開催中の血管年齢測定イベントも継続予定だという。

血液検査イベントでは、血糖値(HbA1c)と脂質(中性脂肪 HDL/LDLコレステロール)の2項目を検査することが可能。薬局内の検体測定室において、希望者が自身で専用のキットにより血液採取を行ったのち、採取した検体を専門の分析機器で分析。約6分で分析が終了、その場で検査された方に結果を伝える。

検査費用は1検査1,000円、2検査1,500円(ともに税込)。会場と日程は、24日が東京都世田谷区祖師谷3-32-5 アソルティ祖師谷大蔵1階 日本調剤祖師谷薬局。時間は10時〜16時。28日が東京都千代田区平河町2-7-9 JA共済ビル 日本調剤永田町薬局。時間は10時〜18時。両会場とも、参加は前日まで開催店舗にて事前受付。電話予約は不可。なお、同イベントは9月以降も随時開催予定だという。

(エボル)