首位タイに浮上したスコット(Photo by  Darren Carroll/Getty Images)

写真拡大

<ザ・バークレイズ 2日目◇22日◇リッジウッドCC(7,319ヤード・パー71)>
 ニュージャージー州にあるリッジウッドCCを舞台に開催中のプレーオフシリーズ初戦「ザ・バークレイズ」2日目。32位タイから出た昨年覇者のアダム・スコット(オーストラリア)が4連続を含む7バーディ・1ボギーの“65”と爆発。スコアを6つ伸ばしトータル8アンダーで一躍首位タイに浮上した。
松山&遼の最新スコアをリーダーボードでチェック!
  スコットは出だしの1番で幸先良くバーディを奪うと、3番パー5ではボギーを叩いたものの5番から圧巻の4連続バーディを奪取。後半に入っても12番でバーディが先行、そして最終18番をバーディで締め、30位以上順位を上げフィニッシュ。相性のいいコースで最高の位置で決勝ラウンドに駒を進めた。
 スコットと並びキャメロン・トリンガル(米国)が首位タイに。1打差の3位タイにはベテランのジム・フューリク(米国)ら3選手がつけた。2打差の6位タイにはこの日7つ伸ばしたジェイソン・デイ(オーストラリア)やヘンリク・ステンソン(スウェーデン)らがつけた。初日、大きく出遅れた世界ランクNo.1のローリー・マキロイ(北アイルランド)も6つスコアを伸ばし27位タイまで順位を上げた。
 日本勢は松山英樹が3バーディ・2ボギーの“70”でスコアを1つ伸ばし、トータル4アンダー16位に。石川遼はこの日2つスコアを落としトータル2アンダー39位タイで予選を突破した。初日よりは順位を落としてしまった2人、明日のムービングデーは巻き返しを期待したい。

【2日目の順位】
1位T:アダム・スコット(-8)
2位T:キャメロン・トリンガル(-8)
3位T:ケビン・チャペル(-7)
3位T:ブレンドン・トッド(-7)
3位T:ジム・フューリク(-7)
6位T:ヘンリク・ステンソン(-6)
6位T:アーニー・エルス(-6)
6位T:ボ・バン・ペルト(-6)
6位T:ラッセル・ノックス(-6)
6位T:ジェイソン・デイ(-6)
6位T:ケビン・ナ(-6)
16位T:松山英樹(-4)他
27位T:ローリー・マキロイ(-3)他
39位T:石川遼(-2)他
50位T:リッキー・ファウラー(-1)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連ニュース】
A・スコットの日本オープン参戦が決定!「日本が大好き」
【関連リンク】
最新のギア情報と試打レポートをチェック!
「ファンケルクラシック」のリーダーボード