いよいよ始まった、競泳パンパシフィック選手権。決勝レース開始直前には強い雨が降り、気温も17〜18度と選手には厳しい条件となったが、2種目目、男子200m自由形で萩野公介が銀メダルを獲得し、4種目目の男子100m背泳ぎでは入江陵介がロンドン五輪金メダリストのマット・グレバース(アメリカ)にタッチ差で競り勝ち金メダルを獲得した。その日本チームのいい流れを断ち切ることなく、瀬戸大也が男子200mバタフライで金メダルを獲得し、初日を締めくくった。

 今年4月の日本選手権で初優勝を果たし、6月のヨーロッパグランプリ・モンテカルロ大会で出した1分54秒70は今季世界ランキング2位の記録。1位のチャド・レクロー(南アフリカ)が出場しないこの日のレースで瀬戸は、午前中の予選から自信に満ちたレースを見せた。2番手のレオナルド(ブラジル)に0秒04差の1分55秒29で泳ぎ、トップタイムでA決勝に進出した。

「公介は『勝てた!』と思ったのに2位になってしまったけど、その後に入江さんが金メダルを獲ったのでそれに続いていこうと思って。だからタイムはともかく『金メダルはしっかり獲る、負けないぞ』と思って泳ぎました」(瀬戸)

 そして決勝については、「前半から積極的に行った分、いつもよりきつくなったところもあるかもしれない」と言うようにラスト50mは少しラップを落したが、しっかりと粘り切って2位のレオナルドに0秒36差をつける1分54秒92で余裕の優勝を果たした。

「54秒前半は欲しかったけど、後半に粘ってしっかり金メダルを獲れたのは評価できると思います」

 笑顔でこう話す瀬戸が意識していたのは、ロンドン五輪と世界選手権を連覇している、同世代のレクローが4月に出している今季世界ランキング1位の1分54秒56だった。

「屋外プールでもその記録を抜いて、チャド(・レクロー)にインパクトを与えておきたかったですね。でもこの条件でも自己ベストとはトントンくらいで泳げているし、前半の100mは54秒69のベストラップで泳いでいるから。後半をしっかりまとめられるようになればベストは絶対に出ると思うので、それをアジア競技大会で実現したいですね」

 12年世界短水路400m個人メドレーと13年世界選手権の400m個人メドレーに次ぐ、強豪が集まる国際大会で、瀬戸にとっては3度目の金メダル。それについても「今回の200mバタフライは狙って獲った金メダルなので、そのあたりは去年までと違いますね。その意味では本当に良かったと思うし、少しは勝負強さも出せたのかなと思います」と自己評価する。

 だが瀬戸の気持ちの中には、自己ベスト(1分54秒70)は日本記録(1分52秒97/松田丈志)や世界記録(1分51秒51/マイケル・フェルプス)に比べたらまだまだだという思いもある。

「これからはそんな記録に近いタイムで泳いでいきたいし、200mバタフライでも周りの選手より1段階や2段階上にいきたい。200mバタフライも自分の種目として取り入れて、世界で戦っていきたいと思う」と語った。

 当然、瀬戸の200mバタフライでの優勝は、萩野と同じような多種目での世界挑戦の第一歩となるものだ。

 それについて瀬戸は「最終的には、公介と個人メドレーで世界記録の争いをするのを目標にしてやっているので。だからこれからはふたりでいろんな種目に出て、世界でメダルを獲れるようになって、最後に個人メドレーではすごいタイムで優勝争いができるように頑張りたいですね」と目標を語る。

 彼にとってのその大きな一歩が、今回の200mバタフライでの優勝だった。この勝利は萩野にも大きな刺激になったはずだ。

 一方、そんな瀬戸と同じように今大会出場選手の中でベストタイムを引っさげ、優勝候補として臨んだ女子200mバタフライの星奈津美は苦しいスタートとなった。

「この大会は強い中国選手が出ないから金メダルを狙えると思っていたけど、オーストラリア入りする前のレースを想定した練習では、飛び込んでからの50mがいい時より1秒近く遅かったので。それで不安になって焦ってしまい、オーストラリア入りしてからも空回りした感じになっていたんです」

 キックを意識し過ぎて上半身と下半身の使い方のリズムを崩してしまったのが不調の原因だと星は話す。そんな状態で臨んだ予選では、今季ベストより3秒以上も遅い2分09秒11の5位通過に。さらに不安が大きくなってしまった。

 そんな星を指導する原田良勝コーチはこう語る。

「予選はキックばかりを意識していたので体重移動を意識できなくて、水中で体が立ってしまっていたんです。だから決勝前のアップでは体重移動を意識すればキックも自然に打てるようになるからと言ってやらせました」

 そのアドバイスを受けて決勝に臨んだ星は、見事銀メダルを獲得するまでに立て直した。

 前半は1分05秒98で泳いだ日本選手権より0秒71遅い入りだったが、終盤でかわされたカミレ・アダムス(アメリカ)にわずか0秒07差の2分06秒68で2位と意地を見せた。

 原田コーチは「今回の環境はきつかったけど、その中でもよく修正できたと思うので、いい経験になったと思います」と振り返った。

 一方星も、「金メダルを狙える状況だったというのを考えるともったいなかったと思うけど、決勝前の30分でドリルをやって泳ぎを修正できたので。短い時間で少し状態を戻せたことは収穫だと思います」と、安堵の笑みを浮かべた。

 初日の勢いそのままに、日本勢は2日目もメダル獲得を狙う。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi