写真提供:マイナビニュース

写真拡大

8月30日と31日の2日間にわたり、北朝鮮の平壌市内にてアントニオ猪木主催のプロレス興行「インターナショナル・プロレスリング・フェスティバルin平壌」が開催されるが、その舞台裏をひろゆき率いるniconico取材班が取材し、一部始終を可能な限りノーカットで放送することが明らかとなった。

「インターナショナル・プロレスリング・フェスティバルin平壌」は、19年ぶりに北朝鮮の平壌市内にて開催されるプロレス興行。niconicoでは本大会2日目の模様を完全生中継する予定だが、同大会の実行委員長であるアントニオ猪木氏に同行する形で、その舞台裏の取材許可も北朝鮮側から得たという。

班長にはひろゆき氏が任命され、リポーターとして北朝鮮取材を敢行。取材期間は8月28日から9月2日で、番組ではその一部始終を可能な限り放送する。なお、放送は9月5日20:00からの予定だが、撮影範囲および帰国の日程に変更の可能性があるため、詳細は追って更新される。

番組名:「ひろゆきの北朝鮮に行ってみた/アントニオ猪木同行取材一挙放送」放送日:2014年9月5日(金)放送時間:20:00〜番組ページはこちら