検証ザックジャパン(3)
サッカージャーナリスト座談会(後編)

ザックジャパンはブラジルW杯でグループリーグ敗退に終わった。その敗因を厳しい目線で分析していくサッカージャーナリスト座談会。今回も、杉山茂樹氏、浅田真樹氏、中山淳氏の3人が激論をかわし、さまざまな角度から問題点をあぶり出していった。そして、日本サッカーがこれから飛躍するためには何をすべきか、検証した――。

●欧州組の選手がメンタル面の弱さを露呈したワケ

―― ブラジルW杯に挑んだ日本代表について、前回(8月21日配信「『自分たちのサッカー』に執着した日本が失ったモノ」)は、本能的なプレイの欠如、技術レベルの低さなどを指摘していただきました。その他に、何か気になったことはありましたか。

浅田:メンタル的な部分かな。ヨーロッパでプレイする選手が多くなって自信をつけたのはよかったけど、日本代表ではまだ何も成し遂げてないのに、どこか"強者のメンタリティ"になってしまっていた。

杉山:暗示だったんだよ、己に対する。「自分たちは強いんだ」って。

浅田:そうだと思う。それが本当の自分のメンタリティで、何事にも動じずにいられるんだったらよかったんだけど、いざ本番を迎えたら全然そんなことなくて、選手のほとんどが、カラ元気というか、一種の躁(そう)状態になっていた。

杉山:だから、暗示が解けてしまったときには、何の対処法もなかった。

中山:なかったですね。ただただ、呆然としてしまった感じ。

杉山:でもそれは、MF本田圭佑(ミラン/イタリア)が「W杯で優勝する」と言っても、メディアが本気で取り上げなきゃ、大した問題にもならなかったと思うよ。

中山:そう。選手が優勝したいって言うのは勝手。最初から「負けたい」なんて思っている選手はいないですからね。でも、メディアはそれを真に受けちゃいけない。選手の言葉をちゃんと料理して、発信してあげないと。一緒になって舞い上がったり、変に煽(あお)ったりするから、ファンだけでなく、選手たちも勘違いして、現実を直視したときにあたふたしてしまった。

浅田:本当にイケイケドンドンで臨めるんだったら、根拠のない自信であろうと、それはそれでありだった。でも、そうではないのに、不安を隠すために大風呂敷を広げていた感じがするね。

中山:ヨーロッパでプレイする選手が多くなったって言っても、(実質的な世界最高峰の舞台となる)欧州チャンピオンズリーグにコンスタントに出場してきたのは、DF内田篤人(シャルケ/ドイツ)くらい。それじゃ、チームとして"世界"は見えていないですよ。

杉山:まったくわかってなかったね、世界のレベルが。

中山:内田だけはわかっていたんですけどね。日常的に本当に高いレベルでプレイしていたから、W杯で勝つことがどれだけ難しいかってことが。

杉山:実際、内田が一番まともな発言をしていたと思う。上がどのくらいのレベルなのかがわかっているから、自分も謙虚になれる。つまり、自分の立ち位置がわかっているから、下手なことも言わない。

中山:発言もそうだけど、3試合通してのプレイも日本代表の中で一番まともだったと思いますよ。

浅田:そうは言っても、さっきの話と逆の意見みたいになっちゃうけど、世界的にもビッグクラブと言われる、マンチェスター・ユナイテッド(香川真司)をはじめ、ミラン(本田)やインテル(長友佑都)でやっている選手がいるわけじゃないですか。正直、もっと自信を持ってプレイして、何かあっても切り替えてやれるのかなと思っていたんだけど......。要するに、2006年ドイツ大会の頃の日本代表(※)とは違うはずだと期待していたんだけど、案外だらしなかった。

※2006年ドイツW杯に挑んだ日本代表は、その前の2002年日韓共催W杯で決勝トーナメント進出を果たした主力メンバーがほとんど残っていて期待されたが、グループリーグ敗退に終わった。

中山:DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)にしたって、プレミアリーグでマンチェスター・ユナイテッドやアーセナルと対戦しているわけだしね。

杉山:彼の場合、たまにしか試合には出てないけどね。

中山:そうなんですけど、高いレベルのリーグでプレイしている分、何かしら"違い"を見せてくれるかな、と思っていたんですよ。でも、結構ビビってプレイしていた。

杉山:それはやっぱり、本当の自信なんてなかったってことでしょ。表向きとは違って、内面では自分の力が(世界では)足りないってことがわかっていたんじゃないの。

●W杯ベスト16という結果に惑わされた日本

―― 選手たちは、自分たちで目標を高く設定して、それにつられて周囲の期待も大きくなっていった。そこで、「勝たなければいけない」という気持ちが一層強くなって、それが悪いほうに出てしまったのでしょうか。

杉山:そうだね。そんなふうに思うこと自体、間違いなんだけど。世界的に見れば日本は弱者なんだから、本来、無欲で挑まなければいけない立場なんだよ。

中山:そういう意味では、前回(2010年南アフリカ大会)はよかった。期待されていなかったから、その分、開き直ってやれて、決勝トーナメント進出という結果につながった。

杉山:それこそ、無欲の強さだよね。だからといって、その結果が日本の実力ではないからね。あの結果は、僕はまぐれだと思っているから。だって、3戦目のデンマーク戦(3−1)にしても、本田と遠藤保仁の2本のFKが決まっていなかったら、どうなっていたかわからないよ。100回に1回も望めないような展開で得た結果であって、デンマークとはそれぐらいの差があった。

―― にもかかわらず、日本はそれが自分たちの実力と勘違いしてしまった......。

杉山:選手も、メディアも、ね。それで、前回のベスト16という結果をベースにして、物事を考えちゃった。それが、ダメ。ブラジルW杯における、最大の反省点だと思うよ。考えても見てよ、(南ア大会で同グループだった)カメルーン、オランダ、デンマークともう1回やって、同じ結果が出せるかって言ったら、かなり旗色悪いでしょ。

浅田:昨年のU−17W杯(UAE)で、日本が決勝トーナメントの1回戦でスウェーデンに負けたとき、吉武(博文)監督が「同じ条件でこの試合を10回やったらどっちが多く勝つかわからない」と発言した。今回は負けたけど、10回やれば日本のほうが多く勝てるという意味なんだけど、その発想は基準としてあるべきだと思うんですよ。だから、この試合で負けたからといって、今のやり方を変える必要はない、と。

杉山:強いチームでも、10回やったら、1回や2回は負けることがある。サッカーはそういうものだから。

浅田:裏を返せば、10回のうち、1回か2回しかないようなことがたまたま起こって、それでベスト16に行けたからって、それでいいのか、ということ。結果は結果として、「この試合を同じ条件で10回やったら、何回勝てたのか」っていう発想にならないと、肝心なところは見えてこない。

杉山:そう。それが、反省・検証だよ。

―― 結局のところ、日本はもう一度、世界における自分たちの立ち位置をきちんと認識しなければいけない、ということですね。

杉山:弱いからどうするかっていう発想を持たないと。「弱いから」っていう危機感が底上げの動機になるんだから。オランダなんかも、世界の強豪国のひとつなんだけど、「自分たちは小さい国だからどうするか」っていう話(危機感)から、すべてが始まっている。だから、驕(おご)りもない。今大会だって、前回大会準優勝なのに「目標はベスト8だ」って言っていた。

中山:だけど、日本の場合、ベスト16という結果を残したら「次はベスト8だ!」ってなっちゃう。

杉山:何言ってるの?って感じだよね。もちろんその可能性はゼロではないけどさ、自分たちの実力を正しく見極めて、もっと謙虚にならないと。常にチャレンジャーとして、目先のボールも一生懸命追わないとダメでしょ。メディアもそう。夢や希望ばかりじゃなくて、現実を伝えていかないと。

中山:ただね、これからまたアジアでの戦いとか、親善試合だけになっちゃうと、その結果に左右されて、みんなが勘違いしてしまう。高いレベルの経験を積めば、いかに自分たちが弱いかわかるんですけどね......。

杉山:だから、親善試合では全部負けるくらいの対戦相手を設定しなきゃダメだって。そこで、危機感が出るんだから。それでもし、中途半端なメンバーで来る国があったら、日本も若手を出せばいい。いくら世界的な強豪国が相手でも、2軍のようなメンバーが相手だったら、何の判断基準にもならないからね。そこに勝って、ますますメディアやファンが勘違いしても困るし。

―― そう考えると、日本のサッカーがこれから強くなっていくためには、見る側、伝える側のレベルも上げていかないといけないですね。

杉山:レベルっていうより、もっとサッカーそのものをちゃんと見ようよ、ってこと。

中山:サッカーだけの話ではないけど、日本のテレビは、視聴率をどうしても取りたいっていうのがあるし、あるいは付き合いといったものがあってなのか、タレントをたくさん起用して、お祭りのように競技を伝えている。そうすると、W杯くらいでしかサッカーを見ない一般の人たちは、どんどんそれに慣らされていくから、サッカーそのものを見る目は育たないですよね。

杉山:歴史が浅いのもあるけど、サッカーの魅力を軽んじている。サッカーって、普通に見ていれば、面白いスポーツなんだから。タレントを使うような小細工をしなくたって十分、楽しめる。まあ、中には、はずれの試合もあったりするんだけどね(笑)。

中山:ずっとサッカーを見ているファンは、たぶん今のテレビで映されているものとかに嫌悪感を覚えているはずなんだけど、それって全体で言えば、10分の1にも満たない数なんでしょうね。だから、そういう見る側、伝える側の文化を変えるのは、本当に難しいと思う。

杉山:確かに、簡単には変わらないよ。だけど、他のスポーツと比べたら、一番変えられる可能性があるのはサッカーだと思う。

中山:他のスポーツに比べて、風通しはいいですからね。

浅田:大手メディアだけじゃなくて、僕らも含めて、多くのフリーランスの人間が取材現場に入っていけるっていう時点で、サッカーは他のスポーツとは随分と違う。

杉山:だから、スポーツを見る文化、伝える文化を変えられるとしたら、サッカーしかない。突破口のカギは、サッカーが握っているんだよ。

text by Sportiva