資生堂リサーチセンター洗浄製品開発グループの河野佐代子さん

写真拡大

暦の上では夏もそろそろ終わりという時期だが、まだまだ残暑が厳しい。ひかない汗に、買っておいたデオドランド剤が切れてしまったという人も多いのでは。

店頭へ行ってみても、多くのデオドラント商品が陳列されている中で、人気を集めているのが資生堂の「エージープラス」だ。

効果を実感している人や、リピーターが多い

2001年の発売以来、累計出荷本数1億4500万本以上(※1)を達成したヒット商品の人気の秘密などを資生堂リサーチセンター洗浄製品開発グループで開発に関わっている河野佐代子さんに聞いた。

――人気の理由はどういったところにあるのでしょうか。

「エージープラスの商品の中で一番売れているのはパウダースプレー(医薬部外品)の無香料。殺菌効果や防臭効果などを感じると、機能面における評価をお客さまから頂いていることが、売り上げにつながっている」

――ニオイを抑える効果について教えてください。

「ニオイは汗が原因と思いがちですが、汗自体は無臭なんです。汗そのものではなく、皮膚上の常在菌が汗を分解する時に不快なニオイが発生するんです。なので、ニオイの対策としては大きく分けて、汗を抑えるか、ニオイのもととなる菌を殺菌するかのどちらか。エージープラスはこの『ニオイの原因となる菌』を、資生堂が独自に開発した有効成分『銀含有ゼオライト(※2)』が接触して殺菌することで、ニオイのもとを断ちます」

――パウダースプレー(※3)の無香料以外に、どんなタイプがありますか?また、効果的な使い方も教えてください。

「使用感の好み、ライフスタイルやシーンに合わせて使い分けて欲しいのでさまざまなタイプをそろえており、お風呂上がりの清潔な肌に一度つければ一日中効果が持続する設計になっています。特に汗をかくことが多い時には、シートタイプで汗を拭き去ってからパウダースプレー(※3)やスティックタイプ(※3)をつけるなど組み合わせて使うことをおすすめします」

資生堂「エージープラス」の無香料は用途に合わせて、パウダースプレー(※3)が容量別3種、直塗りのスティックタイプ(※3)、足用パウダースプレー(※3)が容量別2種、シートタイプがサイズ・枚数別3種を展開している。


※1 資生堂出荷ベース2001年2月〜2014年6月

※2 資生堂独自開発成分:銀含有ゼオライト配合(銀・亜鉛・アンモニウム担持ゼオライト)

※3 医薬部外品