初日、パットが冴えた石川が好発進!(Photo by Ross Kinnaird/Getty Images)

写真拡大

<ザ・バークレイズ 初日◇21日◇リッジウッドCC(7,319ヤード・パー71)>
 米国男子ツアーのプレーオフシリーズ初戦「ザ・バークレイズ」が、ニュージャージー州にあるリッジウッドCCを舞台に開幕。初めてこのプレーオフシリーズに駒を進めた日本の若武者2人が、揃って好スタートを切った。
松山&遼のスコアをリーダーボードでチェック!
 石川遼は10番ティからスタート。前半で1つスコアを伸ばして折り返すと、後半は2番パー3から圧巻の4連続バーディを奪取。7番でこの日唯一のボギーを叩いたものの、4アンダー首位と2打差の10位タイと好位置につけた。
 「ドライバーはひどかったけど、セカンドショットとパターが良かった」とこの日のプレーを振り返った石川。フェアウェイキープ率は50%だったが、パットのスコアへの貢献度を表す指数、ストロークゲインドパッティングは3.661。好調なパットを武器にスタートダッシュを決めることに成功した。
 松山英樹は序盤の3番から連続バーディを奪うが8番パー3でボギーとし、1アンダーで折り返す。後半では10番、15番の2つのパー3でスコアを伸ばし3アンダーでホールアウト。首位と3打差の13位タイとこちらも好位置につけた。
 初出場のプレーオフシリーズで快調なスタートを見せた2人。明日以降もこの勢いを持続することができるか。
【初日の順位】
1位:ボ・バン・ペルト(-6)
2位T:キャメロン・トリンガル(-5)
2位T:ハンター・メイハン(-5)
2位T:ヒース・スローカム(-5)
2位T:チャールズ・ハウエルIII(-5)
2位T:ブレンドン・デ・ジョン(-5)
2位T:ベン・マーティン(-5)
2位T:ブレンドン・トッド(-5)
2位T:ジム・フューリク(-5)
2位T:ポール・ケーシー(-5)
10位T:石川遼(-4)他
13位T:松山英樹(-3)
13位T:リッキー・ファウラー(-3)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】松山と石川に拍手を送り、夢を見る
A・スコットの日本オープン参戦が決定!「日本が大好き」
【関連リンク】
夏の大一番!「ファンケルシニア」のスコア速報!
美人ゴルファーが通算100名以上!「美ゴ女」