SNSに投稿した写真から身元バレしないために知っておきたいExifとジオタグの話

写真拡大 (全8枚)

炎上怖い、くじらです。

最近はだいぶ浸透してきたExifという言葉ですが少しおさらいしてみましょう。

Exifデジタルカメラで撮影した写真につけられる日付、撮影に使った機材、撮影場所などのデータです。

WEBメディアなどでもExif消さずに載せてる写真たまにありますが、カメラ愛好家の間で「結構いい機材使ってるな」とネタにされる光景も見ます。

個人でSNSなどに写真をアップロードするときに気をつけたいのは撮影場所も含まれることです。

これは自宅で撮った写真に位置データが残ってると住所を特定される危険があること意味します。

【iPhone裏ワザ】プライバシー対策に。カメラの位置情報を無効にする | スマホで困ったときのQ&Aサイト

 

■Exifに含まれるジオタグ(位置情報)

位置情報はジオタグgeo-tagとも表記されます。

Androidの場合はカメラアプリから「カメラオプション」開くとgeo-tagのオン・オフ設定が選べるようになっています。

上手く使えば写真を撮影した場所ごとに管理したり、マップと連携させたりすることが出来る便利な機能です。

しかし管理を間違えると個人情報ダダ漏れになる恐怖もあります。

詳細な位置情報が含まれた写真データ。

 

■修正前の写真が流出するのはExifに含まれるサムネイルが理由

Exifで意外と見落としがちなのがサムネイル情報です。

過去インターネットで起こった、いわゆる炎上事件から個人情報が特定される流れを見ると、モザイク処理施したから大丈夫と思ってアップロードしたのに何故か修正前の写真が出回ってしまうケースあります。

これは写真にモザイク掛けてもサムネイルには未修正のデータが残っており消した部分が丸見えなためです。

不特定多数の人が見る場所にアップしたり、誰かに写真を渡すときに見られたくない部分を修正した場合、Exifに残るサムネイル情報も一緒に消す必要あります。

今回はAndroidアプリExif消しゴムを使ってみましょう。

 

■Exif情報を削除する

まずは元のデータを確認します。

スマートフォンの型番はともかくとして撮影場所の詳細な位置情報が含まれるのは場合によって不味いですね。

アプリを起動させます。

Exif削除したい画像を選びます。

 

今回は左上の画像からExifを取り除きます。

 

消したい画像をタップで選択。

現時点で含まれるデータの一覧が表示されます。

削除実行。

 

Exif削除した画像はファイル名に_noexifが追加され元データと同じフォルダに保存されます。

ジオタグ、サムネイルその他が消えてますね。

 

削除前後の詳細情報を並べてみました。日付が違うのは新しい写真はExifを削除した日時が記録されるためです。

写真アップロードサービスの中にはユーザーが意識しなくとも自動でExif消してくれるものもありますが基本は自分で削除するか、あらかじめアプリの設定からジオタグその他を無効にしないと全世界に向けて大公開されます。

一度公開されたものは完全な削除も回収も不可能なのがインターネットの大原則です。

それ本当に公開して大丈夫か今一度確認しましょう。

Exif消しゴム

制作: Wing.jp価格: 無料平均評価: 4.3(合計 94 件)

posted by: AndroidHTML v2.3