3人に1人が「へそくりバレちゃった!」一番うまく隠す世代は30代女子と判明

写真拡大

KDDIは、20代〜40代の既婚男女を対象に「既婚男女の”へそくり”に関する意識・実態調査」を実施した。調査は2014年7月23日・24日にかけて行い、500名から有効回答を得た。

“へそくり”は、配偶者、家族に内訳・使用実態やその存在を明かしていないお金のことを指す。これまでに、へそくりの経験があるか尋ねたところ、48%があると回答した。全年代において男性よりも女性の方がへそくり経験者が多く、特に30代女性は63%が「へそくりしている」と回答している。

へそくりの理由は、「自分のお小遣いのため(自由に使えるお金がほしいため)」(54%)が最も多かった。2位は「もしものときの備えのため」(42%)、3位は「結婚したため」(29%)となっている。

実際にどのような形で”へそくり”をしているか調べたところ、1位は「銀行預金(普通預金)」(57%)、2位は「現金」(54%)、3位は「銀行口座(定期預金)」(28%)と、定番の方法が並んだ。

へそくりが配偶者や家族などに発見された経験があるか尋ねると、全体の28%が「ある」と答えている。男女別で見ると、女性よりも男性の方が見つかる割合が高かった。最も上手く隠しているのは30代女性で、見つかってしまったことがある人はわずか16%だった。

(エボル)